« 米、原発用MOX燃料工場の建設中止…財政難で | トップページ | 向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず »

2014年3月 7日 (金)

アルツハイマー病発症を予防する因子CALMの機能を解明

2014/03/03 奈良女子大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立大学法人東京大学薬学系研究科
・富田泰輔准教授と岩坪威教授らの
研究グループは、本学研究院自然科学系
・渡邊利雄教授(専門分野:分子細胞
生物学、個体機能学)との共同研究により、
アルツハイマー症の危険因子として推定
されていたCALM(カルム)の低下が
アルツハイマー症の原因物質の
アミロイドベータタンパク質の生成量を
低下させることを新たに発見しました。
 
 これまで大規模ゲノム解析から
アルツハイマー症の危険因子として推定
されていたCALM(カルム)の働きを、
細胞レベルと個体レベルの両方の実験で
実際に確認した世界初の研究です。
 
 個体レベルでの確認には、奈良女子大学
で本学大学院生が作製したCALM
ノックアウトマウス(公表されている唯一
のマウス)を用いました。
 
 今後、今回発見したCALM(カルム)を
介するアルツハイマー症の発症の解明が
進めば、新しい治療薬に加え、予防薬、
診断法の開発に貢献することが期待
されます。
 
 なお、この研究成果については、
2014年2月28日にNature Communicationsの
オンライン版にて先行発表されます。
 
 共同研究ページリンクです。
詳細はこちらをどうぞ、
---------------------------------------
 
 アルツハイマー症の研究は沢山
ありますね。これもその一つ。
 
 残念ながら、これが本命というものは
なかなか出てきませんね~

|

« 米、原発用MOX燃料工場の建設中止…財政難で | トップページ | 向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59252368

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病発症を予防する因子CALMの機能を解明:

« 米、原発用MOX燃料工場の建設中止…財政難で | トップページ | 向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず »