« 何百万回も回転する触媒 | トップページ | 白血球など作る遺伝子発見 京大、白血病など治療へ道 »

2014年3月 3日 (月)

次世代有機EL、青色の発光効率100% 九大

2014/3/3 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大の最先端有機光エレクトロニクス
研究センターは、次世代テレビなどの画面
として期待される発光材料「第3世代
有機EL」のうち、青色の光について、
電気を光に変える発光効率を100%まで
高めることに成功したと発表した。
 
 今後、実用化に向けて耐久性を高める。
 
 3日、英科学誌ネイチャー・フォト
ニクス電子版に掲載された。
 
 安達千波矢教授らの研究チームは
これまでに、商品化に必要な三原色の
うち、発光効率を緑100%、赤約90%まで
高めることに成功。
 
 最も難しいとされる青は50%止まり
だったが、材料の分子構造を新たに
組み立て、効率を高めた。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
>1年で実用化のめどを付けたい
 
 と話しているようですが、価格面はどう
なんでしょう?
 
 日本のメーカーは韓国に押されている
ようですので是非頑張って貰いたい。

|

« 何百万回も回転する触媒 | トップページ | 白血球など作る遺伝子発見 京大、白血病など治療へ道 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59231051

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代有機EL、青色の発光効率100% 九大:

« 何百万回も回転する触媒 | トップページ | 白血球など作る遺伝子発見 京大、白血病など治療へ道 »