« 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) | トップページ | 「体温恒常性維持のメカニズムの解明」に成功 »

2014年2月 7日 (金)

iPS細胞の作製、効率20倍に 理研がマウスで成功

2014年2月7日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 iPS(人工多能性幹)細胞の作製効率
を、卵子のたんぱく質を導入することで
20倍に上げる手法を理化学研究所の
石井俊輔上席研究員(分子生物学)らが
マウスで開発した。
 
 卵子の成分には細胞の初期化を促す働き
があるらしい。
 
 6日付の米科学誌セル・ステムセルに
発表する。
 
 グループが注目したのは、細胞内で
DNAが巻き付いている「ヒストン」と
呼ばれるたんぱく質。
 
 山中伸弥京都大教授は四つの遺伝子を
細胞に導入することでiPS細胞を
作ったが、今回、グループはこの4遺伝子
とともに、卵子に特有な構造をした2種類
のヒストンを導入したところ、作製効率が
20倍に上がった。
 
 このヒストンは、初期化に必要な遺伝子
の発現を活発にするらしい。
 
 石井さんは「ヒトも同じような仕組み
を持っている。
 
 より高い多能性を持つiPS細胞の
作製につながる可能性がある」と
している。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 とにかくiPS細胞の作製効率は悪い。
 
 参考リンク
2013年7月15日
 
 作成効率で気をつけなくてはいけない
ことは、iPS細胞そのものの作成効率と
出来たiPS細胞を培養して増やす効率
です。
 
 きちんと区別しないといけませんね。

|

« 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) | トップページ | 「体温恒常性維持のメカニズムの解明」に成功 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59087014

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞の作製、効率20倍に 理研がマウスで成功:

« 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) | トップページ | 「体温恒常性維持のメカニズムの解明」に成功 »