« 米試験施設、地下の放射線レベルが上昇 | トップページ | (地域発・企業発)鯖江の老眼鏡、世界視野 厚さ2ミリ、ミラノで好評 »

2014年2月21日 (金)

タンクの汚染水あふれる…警報も「計器の故障」

2014年2月20日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京電力は20日、福島第一原子力
発電所の「H6」というタンク群の1基
(容量1000トン)から高濃度汚染水
110トンがあふれ出したと発表した。
 
 満水だったタンクに、配管の弁が開いて
水がさらに注入されていたといい、
人為ミスの可能性が高い。
 
 漏れた水からは、ベータ線を出す
放射性物質が1リットル当たり
2億4000万ベクレル検出された。
 
 東電によると、19日午後11時25分
頃、タンクのふたと側面の継ぎ目付近から
漏水し、雨どいを通じて周辺の地面に流れ
落ちているのを、作業員が発見した。
 
 同2時過ぎにタンク内の水位異常を示す
警報が鳴ったが、タンクに異常が
見つからず、水位計の故障と判断していた
という。
 
 20日午前1時半に弁を閉じ、
同5時40分に水漏れが止まった。
 
 東電は「海への流出はない」と説明して
いる。
---------------------------------------
 
 今日の新聞にも載っていましたが、
 いつもながらお粗末な話しです。
 
 安全についてどう考えているのか
 理解しがたい。
 
>水位計の故障と判断
 
 そんなに当てにならない計測器ばかり
を設置しているのでしょうか?
 
 何のための計測器なのかわからない。
 
 水位の異常を信じてその原因を真剣に
調査すべきだったはず。
 
>海への流出はない
 
 いつもながらの言い訳ですが、
地面に染みこんだ汚染水はいつまでも
地中に留まってはいない。
いずれ海に流れるのでは?
 
 いつも降っている雨のうち地面に
染みこんだものの行き先は?
 
 海ではないのかな?
 そうでなければ地中にあふれてしまう
はず。
 
 専門家さん説明してください。
 
 東電のいつもの「海への流出はない」
という説明に専門家の反論は無いの
でしょうか?
 
 東電の言い分は正しいのですか?
 メディアはきちんと取材して報道して
くださいな。

|

« 米試験施設、地下の放射線レベルが上昇 | トップページ | (地域発・企業発)鯖江の老眼鏡、世界視野 厚さ2ミリ、ミラノで好評 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59172226

この記事へのトラックバック一覧です: タンクの汚染水あふれる…警報も「計器の故障」:

« 米試験施設、地下の放射線レベルが上昇 | トップページ | (地域発・企業発)鯖江の老眼鏡、世界視野 厚さ2ミリ、ミラノで好評 »