« 電力大手の社債優遇維持、発表時期探った経産省 | トップページ | 院内感染原因の緑膿菌、増殖抑え死滅 名大が技術開発 »

2014年2月15日 (土)

筑波大、ミトコンドリア病予防技術を開発

2014/2/4 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 母から子に遺伝し、脳や筋肉などに異常
が現れるミトコンドリア病の発症を防ぐ
技術を筑波大の林純一教授の研究グループ
が開発した。
 
 体外受精して3日ほどたった初期胚の
遺伝子を診断し、ミトコンドリアという
細胞内の小器官にあるDNAで突然変異を
起こした割合が低ければ、母親の体に
戻す。
 
 成果は4日の米国科学アカデミー紀要
電子版に掲載される。
 
 欧州では10万人に9~16人が発症する
との報告があり、日本では医療費が
公費負担となる難病に指定されている。
 
 研究グループは突然変異を起こした
DNAを75%以上持つマウスは
ミトコンドリア病を発症することを
突き止めた。
 
 ヒトの場合、受精卵が成長した後、
ミトコンドリアのDNAを調べ、突然変異
が一定の割合以下のときに母親の子宮に
戻せば発症を予防できるという。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 早く臨床の場で行われるようになると
良いですね。

|

« 電力大手の社債優遇維持、発表時期探った経産省 | トップページ | 院内感染原因の緑膿菌、増殖抑え死滅 名大が技術開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59136014

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波大、ミトコンドリア病予防技術を開発:

« 電力大手の社債優遇維持、発表時期探った経産省 | トップページ | 院内感染原因の緑膿菌、増殖抑え死滅 名大が技術開発 »