« コラム:巨額貿易赤字が示す経済構造の大変化=佐々木融氏 | トップページ | 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) »

2014年2月 6日 (木)

iPS細胞培養液、お安く 従来品の10分の1に 慶応大と味の素、開発

2014年2月6日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 iPS細胞を安く効率よく増やす
培養液の開発に、慶応大医学部の
福田恵一教授(循環器内科)らと味の素が
共同で成功した。
 
 従来品に比べ費用が10分の1になる
という。
 
 味の素では2016年度の発売を
目指す。
 
 iPS細胞を増やすには細胞の栄養
になるアミノ酸や糖、ビタミン、
成長因子などを含む培養液が欠かせない。
 
 特に心筋梗塞(こうそく)などの治療
でiPS細胞から心筋細胞を作って移植
することを想定すると、患者1人あたり
50~100リットルの培養液が必要。
 
 従来品は1人分1千万円程度とみられる
が、今回の開発で100万円程度に
抑えられるとしている。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 ずいぶん費用がかかるのですね。
 100万円程度でもまだ高いですが、
1千万円程度よりは遙かに安価。
 
 もっと安く出来ると良いですね。
 
 この投稿とは別のものかな?
2014年1月13日
 
 関連リンクです。
5月6日 NHK NEWS web

|

« コラム:巨額貿易赤字が示す経済構造の大変化=佐々木融氏 | トップページ | 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59081699

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞培養液、お安く 従来品の10分の1に 慶応大と味の素、開発:

« コラム:巨額貿易赤字が示す経済構造の大変化=佐々木融氏 | トップページ | 保育園、「認可なら安心」は間違いだった 待機児童の実態(3) »