« (逆流 土建国家:上)公共事業、ちぐはぐ | トップページ | 投稿の個人情報、瞬時に伏せ字 自動検出、悪用防ぐ KDDI研が新システム »

2014年2月 5日 (水)

原発、狭まる情報公開 ベント設備、非公開や取材制限 新規制基準のテロ対策受け

2014年2月5日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 電力会社が、原子力発電所の情報の
公開範囲を狭めている。
 
 東京電力福島第一原発事故の教訓を
踏まえてつくられた新規制基準にテロ対策
が盛り込まれたためだが、規制当局が
非公開を求めていない範囲まで制限する
動きもある。
 
 東電は昨年末、柏崎刈羽原発(新潟県)
の原子炉格納容器につながる排気設備
「フィルター付きベント」の非公開を
社内で決めた。
 
 工事中の様子を報道に公開したことは
あるが、今後は原則として取材や視察にも
応じないことにした。
 
 
■欧米は公開で防ぐ
 
 <立命館大の大島堅一教授の話>
 本来、原発の安全対策の情報は積極的に
公開するべきだ。
 
 欧米では、いかに原発が防護されている
のかを公開し、テロを防ぐ考え方をとる。
 
 秘密にすれば設備が強靱になるわけでは
ない。
 
 秘密にすると、どんな対策が取られて
いるのか分かりにくくなり、住民の不安も
高まるのではないか。
---------------------------------------
 
 いずれ秘密にする動きが出てくるとは
思っていましたが、今回の件は悪のり
としか思えません。
 
 一切の取材拒否は行き過ぎだと思う。
 
 それこそ、秘密にしても設備が強靱に
なるわけではないのだし、場所を特定
されたくなければ、そのように取材に
制限をつければ良い。
 
 ベント設備がどこにあるのか全く
外部の人に秘密にしたければ設備の
設計者とか、工事に携わった人を
世間からアクセス不可にしないと
いけないと思いますが、その対策は?
 
その他にもいろいろ考えられるはず、
 
 そもそも原子炉の所在が公開されても
良いのかな? 一番危ない所だと思うが、
 
 秘密にすることがテロ対策になるとは
思えません
 
 私には自分で自分の首を絞めている
ように思えます。
 
 原発の安全性に関する情報を公開
しなければ住民は不安を払拭出来ず、
原発の再稼働も、ましてや新設などは
住民の反対にあって実現出来ない
でしょう。
 
 もっと広く世界を見てくださいな。

|

« (逆流 土建国家:上)公共事業、ちぐはぐ | トップページ | 投稿の個人情報、瞬時に伏せ字 自動検出、悪用防ぐ KDDI研が新システム »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59075945

この記事へのトラックバック一覧です: 原発、狭まる情報公開 ベント設備、非公開や取材制限 新規制基準のテロ対策受け:

« (逆流 土建国家:上)公共事業、ちぐはぐ | トップページ | 投稿の個人情報、瞬時に伏せ字 自動検出、悪用防ぐ KDDI研が新システム »