« カエルの合唱の法則を発見 | トップページ | ここまで進んだ薬と治療法…「関節リウマチ」はもう怖くない »

2014年2月 1日 (土)

発話に脳の両側の関与が判明

2014/1/15 健康美容EXPOニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 発話には脳の両側が使われる――
こんな研究結果が「Nature」1月15日号に
掲載された。
 
 発話には脳の片側しか使われないという
広く支持されている信仰が覆されることに
なるかもしれない。
 
 米ニューヨーク大学神経科学センター
准教授のBijan Pesaran氏らは、被験者の
脳の内側と表面に専用の電極を直接埋め
込んだ。
 
 発話中に使われる部位に着目し、
被験者に「kig」「pob」という無意味な
語を繰り返してもらった。
 
 無意味な語を使って脳の活動を誘発した
結果、被験者は発話に際し、脳の両側を
使っていたことが判明した。
 
 Pesaran氏は、「脳と発話のつながりに
関する洞察が深まったことで、脳卒中や
外傷によって脳障害が生じた後に発話能力
を取り戻す新しい方法を生み出す足がかり
ができた。
 
 発話過程の理解が深まれば、言語と
切り離して、発話の回復のみを目的とした
リハビリ方法の開発につながる」と
述べている。
---------------------------------------
 
 これで又、今までの医学における常識が
覆されることになるかもしれませんね。
 
 言語とは関連の無い箇所の脳卒中だから
言語障害の心配はないと言ったはずの症例
で実際は言語障害が発生したという話しは
聞いたことがあります。
 
 この記事通りだとすれば十分考えられる
ことです。
 
 医学の、特に脳の働きとか免疫に関する
知識は、まだまだ不十分だと思う。
 
>発話過程の理解が深まれば、言語と
>切り離して、発話の回復のみを
>目的としたリハビリ方法の開発に
>つながる
 
 苦しんでいる人達は沢山いるはず。
 期待したい。

|

« カエルの合唱の法則を発見 | トップページ | ここまで進んだ薬と治療法…「関節リウマチ」はもう怖くない »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59049318

この記事へのトラックバック一覧です: 発話に脳の両側の関与が判明:

« カエルの合唱の法則を発見 | トップページ | ここまで進んだ薬と治療法…「関節リウマチ」はもう怖くない »