« リンパ球表面のシアル酸を介した免疫制御機構の解明に成功 -糖鎖を介した免疫応答の人為的な制御に期待- | トップページ | 京大、炭素の結合を簡単に分離 »

2014年2月12日 (水)

超音波で抗がん剤効果判定のシステム 兵庫医科大など

2014/1/20 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 肝臓がんの患者に投与した抗がん剤が
効いているかどうか、超音波を使って調べ
られるシステムを、兵庫医科大超音波
センターと東芝メディカルシステムズが
開発した。
 
 造影剤を血中に投与し、超音波を当てて
観察。
 
 がんに栄養を与える血液の流れが遅く
なり、量が減っていれば、がんが小さく
なっていると分かる仕組み。
 
 年内の実用化を目指している。
 
 飯島尋子センター長は「抗がん剤は高額
で副作用もある。
 
 効果が薄い場合、早く別の治療法に
切り替えれば患者の負担が少なくて済む」
と話す。
 
 システムでは、抗がん剤を使い始めて
1、2週間の患者に造影剤を投与する。
 
 流れ込む血液の量や速さが自動で
グラフ化される上、造影剤ががんの表面
に到達してから内部に流れ込む時間が
1秒以内は赤、1~2秒なら、
だいだい色にモニター上で色分けする。
 
 流れ込むのにかかる時間が長くなって
いれば抗がん剤が効き、がんが縮小して
いる。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 単純なアイデアですね。
 
>年内の実用化を目指している。
 そうです。
 
 早く実用化して貰いたい。

|

« リンパ球表面のシアル酸を介した免疫制御機構の解明に成功 -糖鎖を介した免疫応答の人為的な制御に期待- | トップページ | 京大、炭素の結合を簡単に分離 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59118317

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波で抗がん剤効果判定のシステム 兵庫医科大など:

« リンパ球表面のシアル酸を介した免疫制御機構の解明に成功 -糖鎖を介した免疫応答の人為的な制御に期待- | トップページ | 京大、炭素の結合を簡単に分離 »