« 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン | トップページ | クラゲの発生抑制に道開く »

2014年2月22日 (土)

京大チーム、iPS細胞で血小板量産 作製効率100倍以上

2014/2/14 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 様々な細胞に変化できるiPS細胞から
血小板を大量に作り出す手法を京都大
iPS細胞研究所の江藤浩之教授らが開発
した。
 
 血小板の一歩手前の細胞を安定して
増やすことで、従来の100倍以上の効率で
血小板を作れ、製造コストも大幅に低減
できる。
 
 研究チームは生まれつき血小板が少ない
難病などを対象に、2年後をめどに
臨床研究を始める計画だ。
 
 成果は米科学誌セル・ステムセル
(電子版)に14日掲載される。
 
 血小板は血を固めて出血を防ぐ機能を
持ち、血液製剤として使われている。
 
 新たな手法は人のiPS細胞を血液の
もととなる細胞に変化させたうえで、
3つの遺伝子を導入。
 
 血小板の一歩手前の細胞である
「巨核球」を作った。
---------------------------------------
 
 だんだん実用段階に近づいてきました。
 
 以前投稿したこの投稿の次の段階?
2012年1月21日
 
 この投稿では2015年に米当局への
申請を目指す。
 と言っていましたが、どうなった
のかな?
 
 
 関連投稿です。
2014/02/14 マイナビニュース
 
 いろいろあって何がなにやら?
 という感じです。
 
 この記事では
>このシステムを用いた臨床研究が
>平成27~28年に計画されており、
>最終的には臨床試験を経て10年後の
>実用化を目指しているとした。
 ということです。
 
 結局実用化は10年後?

|

« 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン | トップページ | クラゲの発生抑制に道開く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59179243

この記事へのトラックバック一覧です: 京大チーム、iPS細胞で血小板量産 作製効率100倍以上:

« 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン | トップページ | クラゲの発生抑制に道開く »