« ALPS性能不良、稼働のメド立たず…福島第一 | トップページ | 改ざん告発、厚労省漏洩 代表者の教授に アルツハイマー病研究 »

2014年1月17日 (金)

光を捕集する「人工の葉」を開発-植物の光合成に匹敵する人工光合成の実現にめど-

2014.01.14 東京工業大学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
要点
 
・植物の光合成と同様、2段階のエネルギー
 移動で光を捕集
・単位面積当たりの光量が少ない太陽光を
 安価な有機分子で集光し、人工光合成の
 反応中心へ効率よく光エネルギーを集約
・高価で稀少な人工光合成用の光触媒の
 使用量を大幅に減らせる
 
 
-----
概要
 
 東京工業大学理工学研究科の石谷治教授
と豊田中央研究所の稲垣伸二シニア
フェローの共同研究チームは、2段階の
エネルギー移動で、光を効率よく捕集する
分子システムを初めて開発した。
 
 これは太陽エネルギーを高効率で
化学エネルギーに変換する植物の光合成に
匹敵する人工光合成の実現につながる
成果だ。
 
 光を吸収する有機分子を多量に、しかも
規則正しく配置した壁で構成される
多孔質材料のメソポーラス有機シリカ
(PMO、用語1)に金属錯体を導入すること
により、400個を超える有機分子が吸収した
光エネルギーを、まず5つの金属錯体が
集め、最終的に一つの分子に集約すること
ができた。
 
 この光捕集システムを、二酸化炭素の
還元資源化や水からの水素発生を駆動する
光触媒(用語2)と融合することで、
人工光合成系の開発につながる。
 
 地球温暖化と化石資源の枯渇の緩和に
役立つと期待される。
 
 この成果は英国化学会の機関誌
「Chemistryworld」で10月に紹介され、
「Chemical Sciences」に2014年に
掲載される。
---------------------------------------
 
 人口光合成の研究、少しずつですが、
進歩しているようです。
 
>単位面積当たりの光量が少ない太陽光
>を安価な有機分子で集光し、
>人工光合成の反応中心へ効率よく
>光エネルギーを集約
 
 と言うのがミソのようですが、
 どの程度期待して良いのかな?
 
 関連リンクです。
 これはパナソニックの研究ですね。
 かなり商業化に近いもののようです。
2013年12月 9日

|

« ALPS性能不良、稼働のメド立たず…福島第一 | トップページ | 改ざん告発、厚労省漏洩 代表者の教授に アルツハイマー病研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58961196

この記事へのトラックバック一覧です: 光を捕集する「人工の葉」を開発-植物の光合成に匹敵する人工光合成の実現にめど-:

« ALPS性能不良、稼働のメド立たず…福島第一 | トップページ | 改ざん告発、厚労省漏洩 代表者の教授に アルツハイマー病研究 »