« 「ラクトフェリンヨーグルト」を発売/森永乳業 | トップページ | 政府、太平洋公海でレアメタル探査権 15年間独占 »

2014年1月28日 (火)

DNAのスイッチ、人工化合物でON 京大グループ成功

2014年1月25日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 京都大のグループは人工の化合物を
使い、遺伝子DNAのスイッチを直接
入れることに成功した。
 
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)に
類似した細胞をつくることもできた。
 
 ウイルスなどを使わず、人工の化合物
だけでDNAの働きを促したのは初という。
 
 英科学誌サイエンティフィックリポーツ
で24日発表した。
 
 
 約2万個の遺伝情報が書き込まれている
DNAはトイレットペーパーの芯のような
形のたんぱく質に固く巻き付けられ、
その内容が読めないようになっている。
 
 特定の場所だけがゆるむことによって
必要な遺伝子だけスイッチが入る。
 
 DNAをゆるませる化学物質が
見つかっているが、手当たり次第に
ゆるめてしまうため、遺伝子が
でたらめに働き、細胞が死んでしまう。
 
 京大の杉山弘教授(生物化学)らは
この化学物質に、DNAに書かれている
文字の特定の組み合わせにだけ結合する
物質をくっつけた人工の化合物を
つくった。
 
 この化合物を、人の皮膚細胞に
ふりかけると、特定の遺伝子群のスイッチ
が入った。
---------------------------------------
 
>人工の化合物だけでDNAの働きを
>促したのは初。
 だそうです。
 
 科学の進歩はすごいですね。
 人工物だけで遺伝子を制御出来る
とは、
 
 今後の研究の進展に期待します。

|

« 「ラクトフェリンヨーグルト」を発売/森永乳業 | トップページ | 政府、太平洋公海でレアメタル探査権 15年間独占 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59025755

この記事へのトラックバック一覧です: DNAのスイッチ、人工化合物でON 京大グループ成功:

« 「ラクトフェリンヨーグルト」を発売/森永乳業 | トップページ | 政府、太平洋公海でレアメタル探査権 15年間独占 »