« 東電、抜けない浪費癖 天下り先と共存関係 | トップページ | 新しい抗うつ薬として期待されるケタミンはセロトニン神経系に作用 -即効性と持続性を持つ抗うつ薬のメカニズムの一端を解明- »

2014年1月10日 (金)

放射能の測定器、現場に事前搬入 実際の原発災害に近い訓練のはずが 昨秋、国が実施

2014年1月9日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 昨秋の国の原子力総合防災訓練で、
放射能汚染を空から把握する
航空機モニタリングの機材が、あらかじめ
訓練現場に搬入されていたことが分かった。
 
 東京電力福島第一原発事故では、
この機材を福島県に早期に送り込めず、
初期の汚染把握に失敗。
 
 原子力規制庁は今回、「シナリオを
明かさない実時間実動訓練」
「災害場面に近似させた訓練」として
いたが、事故の教訓を生かして
いなかった。
 
 
 参加者にシナリオを明かさず、状況判断
や対応力を強化するのが訓練の主眼だった。
 
 だが、青森県六ケ所村に常備される
航空機モニタリングの機材セットは訓練前
に発送済みだった。
---------------------------------------
 
 馬鹿な話し、これで訓練になるのか?
 甚だ疑問。
 
>どうやって輸送するかという問題が
>あるのは分かっているが、今回の訓練の
>焦点とはしなかった。
 と言っています。
 
>放射性物質が放出される――
>との想定で進められた。
 
 そんな訓練で、肝心な
航空機モニタリングの機材セットを
訓練前に発送済みとは何を考えて
いるのか理解に苦しむ。
 
 これでは又、実際に事故が起こった場合
航空機モニタリングは期待出来ないと
いうことですね。
 
 肝心なのは突然の状況でどうやって
機材を現地に持っていくのかを明快に
することのはず。
 
 訓練の本来の目的は「上手くいきました」
ということを確認することでは無く、実際に
何が問題となるのか事前に確認し、対策を
立てることです。

|

« 東電、抜けない浪費癖 天下り先と共存関係 | トップページ | 新しい抗うつ薬として期待されるケタミンはセロトニン神経系に作用 -即効性と持続性を持つ抗うつ薬のメカニズムの一端を解明- »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58917999

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能の測定器、現場に事前搬入 実際の原発災害に近い訓練のはずが 昨秋、国が実施:

« 東電、抜けない浪費癖 天下り先と共存関係 | トップページ | 新しい抗うつ薬として期待されるケタミンはセロトニン神経系に作用 -即効性と持続性を持つ抗うつ薬のメカニズムの一端を解明- »