« 研究成果「神経変性疾患の進行を予測する新手法開発」のお知らせ | トップページ | 若返らせて神経細胞作る 認知症治療に期待 慶大・理研 »

2014年1月13日 (月)

iPS細胞を安全に効率培養 京大、味の素などと新手法

2014/1/9 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所は味の素など
と共同で、iPS細胞の新しい培養法を
開発した。
 
 ウシの血液など動物から採った材料を
使わずに大量に増やすことができ、
iPS細胞を治療に使う際の感染症リスク
が大幅に減る。
 
 培養効率も従来法の30倍以上だった。
 
 iPS細胞による治療は、理化学研究所
などの研究チームにより今年夏から目の
難病を対象に本格的に始まる。
 
 今後の再生医療の普及を促す成果と
いえそうだ。
 
 研究には大阪大学、ニッピも参加した。
 
 成果は8日、英科学誌
「サイエンティフィック・リポーツ」に
掲載された。
 
 新培養法は細胞を増やすのに欠かせない
「足場」と「培養液」にマウスやウシ、
ブタ由来の材料を使わない。
 
 BSE(牛海綿状脳症)といった動物が
持つ病原体にiPS細胞が汚染される
リスクがなくなる。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
>今後、この備蓄に新培養法を採用するか
>どうかを検討する。
 
 今後に期待したい。

|

« 研究成果「神経変性疾患の進行を予測する新手法開発」のお知らせ | トップページ | 若返らせて神経細胞作る 認知症治療に期待 慶大・理研 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58937962

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞を安全に効率培養 京大、味の素などと新手法 :

« 研究成果「神経変性疾患の進行を予測する新手法開発」のお知らせ | トップページ | 若返らせて神経細胞作る 認知症治療に期待 慶大・理研 »