« JAXA|小惑星探査機「はやぶさ2」 | トップページ | メタルフリーのプロトン型大容量キャパシタの開発に成功 »

2014年1月15日 (水)

iPS細胞:作製で染色体異常を修復 移植治療応用に期待

2014年01月13日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 山中伸弥京都大教授が参加する
米グラッドストーン研究所
(サンフランシスコ)などの研究グループ
は12日、染色体異常の一種
「リング染色体」を持つ患者から
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製
したところ、染色体異常が自己修復される
ことを発見したと発表した。
 
 修復されたiPS細胞から臓器などを
作って移植治療に応用したり、新たな
染色体治療につながる可能性があると
いう。
 
 13日付の英科学誌「ネイチャー」
オンライン版に掲載される。
 
 リング染色体は、一対の染色体のうち
1本が環状になるなどの異常で、さまざま
な発育不良やがんと関係があることが
知られている。
 
 グラッドストーン研究所の林洋平研究員
(幹細胞生物学)は「iPS細胞作製の
過程で染色体が自己修復されるという発見
は画期的。
 
 今後、このiPS細胞を特定の臓器など
へ分化誘導し、安全性を確認したい」
としている。
---------------------------------------
 
 画期的ですね。
 
 「自己修復される」というのは思っても
見なかったものだと思います。
 
 今後に期待したい。

|

« JAXA|小惑星探査機「はやぶさ2」 | トップページ | メタルフリーのプロトン型大容量キャパシタの開発に成功 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58950386

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:作製で染色体異常を修復 移植治療応用に期待:

« JAXA|小惑星探査機「はやぶさ2」 | トップページ | メタルフリーのプロトン型大容量キャパシタの開発に成功 »