« 脳虚血時の細胞死誘導メカニズムへ光 | トップページ | iPS細胞、がん免疫療法に応用研究 »

2014年1月25日 (土)

幹細胞周りにがん化防ぐ遺伝子 東北大などが発見

2014年1月23日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 生殖細胞が育つ「ゆりかご」のなかで、
細胞のがん化を防ぐ遺伝子を東北大と
スウェーデンの研究グループが見つけた。
 
 ショウジョウバエを使った研究だが、
この遺伝子は人間を含めた幅広い動物に
みられるという。
 
 米科学誌サイエンスに発表した。
 
 東北大の山元大輔教授(行動遺伝学)や
浜田典子研究員らは、卵細胞のもと
になる幹細胞ががん化した
ショウジョウバエを調べたところ、
幹細胞を取り巻く細胞の中で、
Btkという遺伝子が変異していることが
がん化の原因と突き止めた。
 
 Btkが働かないと、通常は4回しか
細胞分裂しない幹細胞が無限に増殖し、
がん細胞になっていた。
 
 Btkは細胞の増殖を止めるたんぱく質
に作用して、増殖にブレーキをかける
ことがわかった。
 
 山元教授は「がん細胞の増殖を周辺から
止められる可能性がある」と話す。
---------------------------------------
 
 上手く行くとがん細胞の増殖を
止められるかも知れませんね。
 
 期待したい。

|

« 脳虚血時の細胞死誘導メカニズムへ光 | トップページ | iPS細胞、がん免疫療法に応用研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59006627

この記事へのトラックバック一覧です: 幹細胞周りにがん化防ぐ遺伝子 東北大などが発見:

« 脳虚血時の細胞死誘導メカニズムへ光 | トップページ | iPS細胞、がん免疫療法に応用研究 »