« 防波堤、被害予測伏せる 岩手県、住民の不安放置 復旧工事 | トップページ | 有機薄膜太陽電池で電流を効率よく発生させる仕組みを実験的に解明 »

2014年1月 4日 (土)

自己免疫疾患の皮膚病を引き起こす分子の同定と 低分子阻害剤による治療

2013/12/18
北海道大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 自己免疫性皮膚疾患である乾癬
(かんせん)にかかると,皮膚が赤く
なって,盛り上がり,皮膚表面が銀白色の
かさぶた(鱗屑)となり,それがはがれ
落ちる(落屑)という症状が起こります。
 
 乾癬によるかゆみには個人差があります
が,症状が進むと病変部の数が増え,
互いに合わさり大きくなり,患者の
生活レベルに及ぼす障害は極めて大きい
ものがあります。
 
 今回,私たちは乾癬の進展に関与する
細胞内蛋白「Tyk2」を同定しました。
 
 Tyk2 を欠損したマウスでは乾癬の進展
が観察されません。
 
 また,Tyk2 活性を抑制する低分子阻害剤
は乾癬の進展を抑制することも
わかりました。
 
 Tyk2 を標的とする自己免疫性皮膚病,
乾癬の新しい薬の開発が期待できます。
 
 本研究は免疫分野の専門雑誌
International Immunologyの
Advance Access で 12 月 12 日に
公表されました。
---------------------------------------
 
 期待出来そうな発見です。
 
 自己免疫疾患いろいろあるんですね。
 
 我が国では男性に多いようですが、
約10万人もいるそうです。
 
>症状が進むと生活レベルに及ぼす障害は
>極めて大きいものがあります。
 とのこと。
 
 Tyk2蛋白は非常に重要な標的分子となり
そうです。
 
 早く新薬が開発されると良いですね。

|

« 防波堤、被害予測伏せる 岩手県、住民の不安放置 復旧工事 | トップページ | 有機薄膜太陽電池で電流を効率よく発生させる仕組みを実験的に解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58881944

この記事へのトラックバック一覧です: 自己免疫疾患の皮膚病を引き起こす分子の同定と 低分子阻害剤による治療:

« 防波堤、被害予測伏せる 岩手県、住民の不安放置 復旧工事 | トップページ | 有機薄膜太陽電池で電流を効率よく発生させる仕組みを実験的に解明 »