« がんを引き起こす膜たんぱく質の立体構造と働きを解明 ~がんを抑制する薬剤の設計へ~ | トップページ | 極薄絶縁の超伝導ワイヤ »

2013年12月10日 (火)

人工のクモ糸素材「QMONOSR」の量産技術を確立へ

2013年11月28日
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
スパイバー株式会社
小島プレス工業株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOの事業の支援を受け、脱石油の
次世代素材として注目を集める、クモの糸
の主成分(フィブロイン(*1))をベース
とするバイオ素材QMONOSR(*2)の
量産技術確立に取り組むスパイバー(株)と
小島プレス工業(株)の試作研究設備が完成、
稼働を開始しました。
 
 設計、生産、評価までを一貫して行える
世界で唯一の試作研究設備で、月産100kg
のQMONOS生産能力を有し、これまでの
研究成果を実際の量産プロセスの中で実証
します。
 
 クモ糸素材は、石油に頼らない次世代
素材として、世界規模で研究が行われて
いますが、コストや培養速度などの課題
から実際の量産化には至っていません。
 
 スパイバーと小島プレス工業は、同設備
においてフィブロインの構造タンパク質の
分子設計から、微生物を用いたタンパク質
原料生産、繊維化・樹脂複合化、部品や
製品の試作評価、そして評価結果の
分子設計へのフィードバックを一貫して
行うことで、QMONOSRのさらなる量産と、
安定した供給を目指します。
 
 
-----
背景
 
 クモの糸は、世界で最もタフな繊維です。
 
 また、エネルギー問題、環境問題などが
人類社会の大きな課題となるなか、
その性能だけではなく、原料を石油に依存
しない環境負荷の極めて少ない次世代素材
として注目されており、工業化が期待
されています。
 
 しかしながら、人工的なクモ糸を
工業部材や製品を試作できる規模で
生産可能とする技術は確立されて
おりませんでした。
 
 クモの糸を人工的につくりだすため
には、多くの技術革新が必要でした。
 
 研究チームでは約350種類もの遺伝子を
合成し、菌株の改変、培養条件の最適化を
はかることで、研究開始時から比べて
約3,000倍の生産効率を達成しました。
 
 さらに、環境負荷や人体への毒性が高く、
価格も高いフッ素系溶媒を一切用いること
なく、既に工業分野において実績のある
他の溶媒を用いてクモ糸の成分の
タンパク質を溶解し、安定的に紡糸する
新技術の開発に成功。
 
 量産化可能な基本製造プロセスを、世界
で初めて確立いたしました。
 
 これは、近い将来、高機能且つ、脱石油
で低エネルギー生産が可能でサステイナブル
な「タンパク質」を、人類が「素材」として
使いこなせる時代を切り拓くための大きな
一歩となります。
 
 
-----
QMONOSR量産に向けて
 
 QMONOSRの量産に向け、スパイバー
株式会社と小島プレス工業株式会社は、
本日付けで次世代バイオ素材の包括的
共同事業化契約を締結し、来年度中に
ジョイントベンチャーを設立。
 
 ジョイントベンチャーの設立以降は、
QMONOSRの事業化にかかる全ての機能は
このジョイントベンチャーが担うことに
なります。
 
 同ベンチャーでは、PROTOTYPING STUDIO
内に年産10トン規模の生産能力を持つ
QMONOSRパイロットラインを2015年中に
増設・稼働させ、国内のみならず世界に
向けたQMONOS R供給実現を目指します。
---------------------------------------
 
 本当に素晴らしい。
 
 実現に大いに期待したい。
 
 この技術も日本が世界に誇る技術です。
 
 以前の関連投稿です。
 この続編ということですね。
2013年5月28日

|

« がんを引き起こす膜たんぱく質の立体構造と働きを解明 ~がんを抑制する薬剤の設計へ~ | トップページ | 極薄絶縁の超伝導ワイヤ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58731091

この記事へのトラックバック一覧です: 人工のクモ糸素材「QMONOSR」の量産技術を確立へ:

« がんを引き起こす膜たんぱく質の立体構造と働きを解明 ~がんを抑制する薬剤の設計へ~ | トップページ | 極薄絶縁の超伝導ワイヤ »