« 鉄触媒が環境に優しい触媒として復活 | トップページ | ペットボトルのプラスチックが治療薬に IBMが開発 »

2013年12月18日 (水)

LB81乳酸菌の摂取で腸管内の免疫細胞の老化を防止できる!? - 明治など

2013/12/12 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 明治と仏パスツール研究所は12月11日、
LB81乳酸菌の摂取により、腸管内に分布
する免疫細胞に働きかけ、その細胞の老化
を防ぐとともに、腸の炎症を抑え、
腸管バリア機能を向上させることを確認
したと発表した。
 
 これまで乳酸菌は、主に腸内細菌に
直接作用して、善玉菌の増殖を促進し、
悪玉菌の増殖を防ぐことで、腸内細菌叢
のバランス、すなわち「腸内フローラ」
を改善し、便秘や下痢の解消などの
健康作用が得られると考えられていた。
 
 今回の成果では、腸内フローラの
バランスを腸管内の免疫細胞の老化や
腸管バリア機能の低下が崩すことで、
腸の老化を引き起こし、さまざまな疾病
の原因となることが示されたこととなる。
---------------------------------------
 
 またまた乳酸菌に関するニュースです。
 
 参考情報です。
 
 いろいろいあって困ってしまいますが、
ゆっくり各企業の研究報告などを見て
判断して行きましょう。
 
 R-1ヨーグルトは明治でしたね。
 明治は乳酸菌の働きについての
研究に熱心なようです。
 
 積極的に研究発表しているメーカー
に注目かな?
 
 なんにしても過剰摂取はいけませんが、

|

« 鉄触媒が環境に優しい触媒として復活 | トップページ | ペットボトルのプラスチックが治療薬に IBMが開発 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LB81乳酸菌の摂取で腸管内の免疫細胞の老化を防止できる!? - 明治など:

« 鉄触媒が環境に優しい触媒として復活 | トップページ | ペットボトルのプラスチックが治療薬に IBMが開発 »