« 細胞内で異物につく分子 東北大・東京医科歯科大が発見 | トップページ | アミロイドペプチドを酸化することで凝集性と神経毒性を抑える ~アルツハイマー病の新たな治療戦略につながると期待~ »

2013年12月 5日 (木)

バナナを食べるとスギ花粉症を改善できる!? - 筑波大がヒトへの効果を確認

2013/11/30 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 筑波大学は11月29日に記者発表会を
開催し、バナナを定期的に食べることで
スギ花粉症を部分的に改善できるという
研究結果を発表した。
 
 筑波大学 医学医療系 谷中昭典教授らの
研究チームは、2010年にマウスを使った
実験で、バナナを摂取したマウスは
摂取していないマウスに比べてアレルギー
を引き起こす原因となる「IgE抗体」の値が
低下したことなどを確認。
 
 谷中教授は「バナナにはビタミンB6が
ほかの食材より多く含まれており、
ビタミンB6はセロトニンなどの脳内伝達物質
の合成を促進させる。
 
 セロトニンは脳内の抑うつ気分を改善
させる効果があり、これが花粉症の改善
に影響している」と分析する。
---------------------------------------
 
 意外ですね。
 
 詳細はこちら
筑波大学プレスリリース
 
 特定の条件を満たす集団では、一部改善
されるということのようです。

|

« 細胞内で異物につく分子 東北大・東京医科歯科大が発見 | トップページ | アミロイドペプチドを酸化することで凝集性と神経毒性を抑える ~アルツハイマー病の新たな治療戦略につながると期待~ »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナを食べるとスギ花粉症を改善できる!? - 筑波大がヒトへの効果を確認:

« 細胞内で異物につく分子 東北大・東京医科歯科大が発見 | トップページ | アミロイドペプチドを酸化することで凝集性と神経毒性を抑える ~アルツハイマー病の新たな治療戦略につながると期待~ »