« ツワネ原則について知りたい人へ | トップページ | 従来の数万分の1の触媒量で機能するパラジウム触媒を開発 »

2013年11月18日 (月)

脳腫瘍:奥深い患部摘出成功、再発15%以下 大阪市立大

2013年11月16日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 脳の奥深くから腫瘍を摘出するため、
耳の後ろの部分を切開する手術方法を
大阪市立大の大畑建治教授(脳神経外科)
らのチームが確立し、10年後の再発率を
15%以下に抑えたとの研究成果が
15日付の米医学誌電子版に掲載された。
 
 市立大と米ハーバード大以外では
ほとんど使われていない手法で、
大畑教授は「普及すればより多くの患者
を助けられる」と話している。
 
 市立大によると、国内では年間
約2万5千人に脳腫瘍が見つかり、
うち約700人は頭の中心部にできる。
(共同)
---------------------------------------
 
 良くやった。素晴らしい。
 
 人のやらないことをするのは大変勇気の
いること。
 
 これで、
>普及すればより多くの患者を助けられる
 
 ということになりますね。
 
 詳細は下記リンクをどうぞ

2013年11月16日 大阪市立大学

|

« ツワネ原則について知りたい人へ | トップページ | 従来の数万分の1の触媒量で機能するパラジウム触媒を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58599011

この記事へのトラックバック一覧です: 脳腫瘍:奥深い患部摘出成功、再発15%以下 大阪市立大:

« ツワネ原則について知りたい人へ | トップページ | 従来の数万分の1の触媒量で機能するパラジウム触媒を開発 »