« iPS作製効率、最大100倍に 山中教授らが新手法 がん化リスクも低減 | トップページ | ツワネ原則について知りたい人へ »

2013年11月17日 (日)

GHQ、日本の絞首刑「不適切」 文書に「苦痛軽減を」

2013年11月17日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 第2次大戦後、日本を占領していた
連合国軍の総司令部(GHQ)の内部文書
で、国内での絞首刑の執行方法が「不適切」
と判断されていたことがわかった。
 
 人道上の観点から短時間で死に至らしめ、
死刑囚の苦痛を減らすよう、日本政府の見解
をただすと記載されていた。
 
 文書を見つけた関西大学法学部の永田憲史
准教授は「日本の絞首刑が、60年以上前
から問題点を指摘されていたことが裏付け
られた」としている。
 
 絞首刑をめぐっては、絶命するまで苦痛
が長引くなどとして、「残虐な刑罰を禁じた
憲法36条に違反する」との意見が根強い。
 
 GHQ文書は、こうした議論に一石を
投じそうだ。
---------------------------------------
 
 死刑の是非をめぐる議論も必要だと
思うが、法律に定められて実施する
ことになっているのなら、当然その
実施方法については十分検討されている
はずだと思っていたのだが、、
 
>絞首刑をめぐっては、絶命するまで苦痛
>が長引くなどとして、「残虐な刑罰を
>禁じた憲法36条に違反する」との意見
>が根強い。
 
>「日本の絞首刑が、60年以上前から
>問題点を指摘されていたことが裏付け
>られた」
 
 日本は学ばない国のように見える。
 何を大切にしなくてはいけないのか
理解していない。

|

« iPS作製効率、最大100倍に 山中教授らが新手法 がん化リスクも低減 | トップページ | ツワネ原則について知りたい人へ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58592964

この記事へのトラックバック一覧です: GHQ、日本の絞首刑「不適切」 文書に「苦痛軽減を」:

« iPS作製効率、最大100倍に 山中教授らが新手法 がん化リスクも低減 | トップページ | ツワネ原則について知りたい人へ »