« 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 | トップページ | 夜更かしは免疫システムにも悪影響 »

2013年11月27日 (水)

東大、移植細胞を高分子で包むコート技術開発-膵島細胞死滅や免疫拒絶回避

2013年11月25日 日刊工業新聞社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学大学院工学系研究科の寺村裕治
特任准教授らのグループは、移植用の
膵島(すいとう)細胞を高分子の薄膜で
カプセル状に包む技術を開発した。
 
 移植後の膵島細胞の死滅を防ぎ、
免疫拒絶反応を回避できる。
 
 動物実験で治療効果の向上を確認した。
 
 同技術の有効性がさらに検証できれば、
1型糖尿病患者に対する膵島移植の拡大
に結びつくと期待される。
 
 インスリンを分泌する膵島の移植では、
膵島細胞を100マイクロ―300
マイクロメートルの塊にして肝臓の血管
から注入する。
 
 他人の細胞を使うため、血管内に入った
移植細胞は異物と認識され、移植直後に
死滅しやすい。
 
 また、免疫抑制剤も必要になる。
 
 グループは今回、移植する膵島細胞塊
の表面に生体適合性の高い
ポリエチレングリコール(PEG)を
コーティングすることによって、
この問題を回避できることを見つけた。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 今後に大いに期待したい。

|

« 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 | トップページ | 夜更かしは免疫システムにも悪影響 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58652767

この記事へのトラックバック一覧です: 東大、移植細胞を高分子で包むコート技術開発-膵島細胞死滅や免疫拒絶回避:

« 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 | トップページ | 夜更かしは免疫システムにも悪影響 »