« 高速ホットスポットモニター“R-eye”の開発に成功 | トップページ | 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 »

2013年11月26日 (火)

省エネスパコン、東工大が世界1位 日本勢で初

2013年11月21日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【冨岡史穂】スーパーコンピューターの
省エネ性能を競う世界ランキング
「グリーン500」が21日に発表され、
東京工業大の「ツバメKFC」が世界1位
をとった。
 
 日本のスパコンがトップを飾るのは
初めて。
 
 2位は英ケンブリッジ大のウィルクス、
3位には筑波大のHA―PACSが入った。
 
 東工大の松岡聡教授は「次世代の
スパコンの最大の焦点も電力との戦い」
として、省エネに力を注いできた。
 
 今回のツバメKFCは、2015年導入
を目指すツバメ3・0の実験機。
 
 特に省エネに注目し、油を使った新しい
冷却システムが特徴だ。
 
 スパコンの消費電力は一般家庭
の数万世帯分に達しており、最近は省エネ
の工夫が注目されている。
 
 ランキングは07年に始まり、最近は
年2回発表されている。
---------------------------------------
 
 世界1位というのは素晴らしい。
 
>スパコンの消費電力は一般家庭の
>数万世帯分に達しており、、
 
 というのはすごいことです。
 知っておくべきですね。
 
 最近の装置は大がかりで、電気を
食い過ぎる。
 
 省電力になるように努力はしていると
思いますが、、

|

« 高速ホットスポットモニター“R-eye”の開発に成功 | トップページ | 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58647675

この記事へのトラックバック一覧です: 省エネスパコン、東工大が世界1位 日本勢で初:

« 高速ホットスポットモニター“R-eye”の開発に成功 | トップページ | 1強の慢心、民意軽視 政権、世論懸念し採決急ぐ 秘密保護法案、衆院通過 »