« 利根川氏、日本版NIHを批判 「基礎研究には自殺行為」 | トップページ | 熱帯雨林のCO2放出量、精密測定 北大・東北大 »

2013年11月20日 (水)

染色体の“駆動エンジン”を新しい場所に載せ替える仕組みを解明

2013年11月4日
大阪大学研究成果リリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院生命機能研究科の
石井浩二郎招へい准教授の研究グループは、
各細胞に含まれる染色体の駆動エンジン
となる動原体が、染色体上の新しい場所に
設置される手順を新たに明らかにしました。
 
 動原体は細胞分裂期の染色体の精緻な
動きを作り出す重要な高次構造体です。
 
 染色体を正確に分配しゲノムを確実に
継承していくために、動原体は各染色体に
必ず一つずつ必要であり、それは
セントロメアと呼ばれる特殊染色体領域に
設置されるのが基本です。
 
 しかし今回の研究では、セントロメア
ではない染色体領域にも動原体は安定に
設置可能であり、そのためには設置領域
から染色体の基礎構成要素である
ヒストン蛋白質のある特定型(H2A.Z)が
排除されることが条件であることが
明らかとなりました。
 
 基本以外に例外を認めるこのような
染色体の仕組みは、不測の事態にも柔軟に
対応できる染色体の頑強さを表すものです。
 
 今回の発見は、その頑強な染色体特性の
分子レベルでの理解に向けた重要な一歩で
あるといえます。
 
 なお、本研究成果は11月3日13:00
(米国東部時間)に米国科学雑誌「Nature
Structural & Molecular Biology」
 オンライン速報版で公開されます。
---------------------------------------
 
 生物の仕組みって本当に良く出来て
います。
 
 今後のさらなる研究に期待したい。
 
 制がん治療の技術開発にまで繋がる
と良いですね。

|

« 利根川氏、日本版NIHを批判 「基礎研究には自殺行為」 | トップページ | 熱帯雨林のCO2放出量、精密測定 北大・東北大 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58611464

この記事へのトラックバック一覧です: 染色体の“駆動エンジン”を新しい場所に載せ替える仕組みを解明:

« 利根川氏、日本版NIHを批判 「基礎研究には自殺行為」 | トップページ | 熱帯雨林のCO2放出量、精密測定 北大・東北大 »