« ストレスに対する防御応答のバランスを保つ機構の一端を解明 | トップページ | 起業で成長する日本 »

2013年11月14日 (木)

バイオプラスチックの新展開 植物由来の新素材

2013年11月12日 Science Channel
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 従来より強度が高く機能性にも優れた
プラスチック素材を天然由来の成分から
つくり出す研究を行っている北陸先端学
技術大学院大学准教授の金子達雄さん、
九州工業大学准教授の金子大作さんを訪ね、
ムール貝が岩に接着する仕組みを利用した
これまでとは全く違った原理をもつ接着剤
や、3種類の立体形状を記憶する形状記憶
バイオフィルムなどを取材しました。
 
 これらの研究成果は、従来の化学合成
では難しかった複雑な化学構造を
自然由来の物質を巧みに利用する事で
実現しています。
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。
 
 石油に頼らない、環境に優しい接着剤、
プラスチックが出来たのです。
 しかも高性能。
 
 早く商業化できると良いですね。

|

« ストレスに対する防御応答のバランスを保つ機構の一端を解明 | トップページ | 起業で成長する日本 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58575501

この記事へのトラックバック一覧です: バイオプラスチックの新展開 植物由来の新素材:

« ストレスに対する防御応答のバランスを保つ機構の一端を解明 | トップページ | 起業で成長する日本 »