« 秘密保護、ツワネ原則に学べ 安全保障と知る権利の調整指針 法案見直し求める動きも | トップページ | 取り調べ可視化、異論置き去り 素案、見直されず 法制審部会 »

2013年11月 7日 (木)

外科手術用非接触直感操作型インタフェース「Opect」

2013年11月06日 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 "こちらのシステムは、東京女子医科
大学の先端生命医科学研究所で開発した
「Opect(オペクト)」というシステムです。
 
 手術室内で画像を見る際に、執刀医が
自分で直接インターフェースを操作できる
ように開発したものです。"
 
 "従来、手術室で患者のCTやMRIを
見たい際、執刀医は滅菌した手袋をして
いるので、自分自身でマウスやキーボード
の操作ができなかったために、周りにいる
看護士に口頭でページめくりなどの指示を
出していました。
 
 ですので、非常に執刀医にとって
ストレスの溜まる環境でした。
 
 しかし、これを使うことで執刀医自身が
好きな画像を選んで提示できるので、
ストレスなくスマーズに手術を進める事が
できるようになりました。"
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 マイクロソフトのKinectというソフト
を利用しているようです。
 
 こういう試みは積極的に進めて欲しい
ものです。
 
 
 以前こういう投稿もしました。
2013年9月30日 (月)
 
 これも素晴らしいものです。
 同じソフトの応用のようです。

|

« 秘密保護、ツワネ原則に学べ 安全保障と知る権利の調整指針 法案見直し求める動きも | トップページ | 取り調べ可視化、異論置き去り 素案、見直されず 法制審部会 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58531467

この記事へのトラックバック一覧です: 外科手術用非接触直感操作型インタフェース「Opect」:

« 秘密保護、ツワネ原則に学べ 安全保障と知る権利の調整指針 法案見直し求める動きも | トップページ | 取り調べ可視化、異論置き去り 素案、見直されず 法制審部会 »