« 虫歯の治療、歯型いらず 米3M子会社が歯冠販売 | トップページ | 本家NIHが示したアルツハイマー病対策【日経バイオテクONLINE Vol.1935】 »

2013年10月14日 (月)

副作用のないアルツハイマー病治療に向けての新技術~アミロイドβたんぱく質産生の仕組みを利用~

平成25年10月9日
科学技術振興機構(JST)
同志社大学
ペプチドリーム株式会社
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・アルツハイマー病の原因とされる
 アミロイドβタンパク質(Aβ)の
 産生メカニズムの一端を明らかにし、
 それをもとにした新規のAβ産生抑制
 方法を確立した。
 
・副作用の少ないアルツハイマー病予防・
 治療薬開発の新しいアプローチを提供
 し、ほかの疾患治療薬開発への適用の
 可能性が広がる。
 
 
-----
 JST課題達成型基礎研究の一環として、
同志社大学 大学院生命医科学研究科の
舟本 聡 准教授と同志社大学 大学院
脳科学研究科の井原 康夫 教授らは、
アルツハイマー病の原因と考えられる
アミロイドβたんぱく質(Aβ)注1)を
産生する酵素の特性を解明し、
新しいAβ産生抑制方法を開発しました。
 
 これまではAβの産生を抑制するため
に、主にAβ産生酵素
(γセクレターゼ注2))そのものの働き
を阻害する薬剤の開発が進められて
きました。
 
 ところが、この酵素は生体内でさまざまな
たんぱく質を分解する重要な働きがある
ため、全般的な阻害は重篤な副作用を
引き起こします。
 
 最近は、Aβの中で毒性の強いAβ42
の産生だけを抑制する薬剤の開発も盛んに
行われ、治験も実施されていますが、
期待される成果には至っていません。
 
 そこで、Aβ産生を抑制する新しい
予防・治療法の確立が望まれています。
 
 研究グループは、γセクレターゼが
切断するたんぱく質の特性(長さ)に着目
し、γセクレターゼがAβのもととなる
たんぱく質(C99)の先端部分を
捕らえて切断することにより、Aβを産生
することを明らかにしました。
 
 次に、C99の先端部分に結合する
ベプチド試薬(C99結合ペプチド)を
開発し、その効果を検討したところ、
γセクレターゼがC99の先端部分を
捕らえることができず、切断できない
ことが分かりました。
 
 また、このペプチドはC99以外の
たんぱく質切断には影響を与えないことも
分かりました。
 
 これらの結果から、C99結合ペプチド
は、Aβ産生を特異的に抑制できること
を実験的に証明しました。
 
 さらに、このペプチドはAβの産生
のみならず、C99自体の産生も特異的に
抑制することが分かりました。
 
 1つの薬剤でAβ産生に関わる2つの
たんぱく質切断を抑えることにつながり、
まさに一石二鳥の効果をもたらすことが
できました。
 
 この研究成果は、副作用の少ない
アルツハイマー病予防や治療に役立つこと
が期待されます。
 
 また、従来のような酵素を標的とする
手法とは異なり、酵素が切断する
たんぱく質(基質)に着目した
創薬アプローチは、がんなどのほかの
疾患にも展開できる可能性を秘めています。
 
 本研究は、ペプチドリーム株式会社の
佐々木 亨 主任研究員と共同で行った
ものです。
 
 また、本研究は同志社大学の
西川 喜代孝 教授、高橋 美帆 助教、
理化学研究所の西道 隆臣 チーム
リーダー、斉藤 貴志 副チームリーダー
の協力を得て行いました。
 
 本研究成果は、英国時間
2013年10月9日
(日本時間10月9日18時)に
英国科学誌「Nature
 Communications」の
オンライン速報版で公開されます。
---------------------------------------
 
 良さそうな感じですね。
 
 Aβの産生を抑制することで治療しよう
とする試みはうまくいっていません。
 
>1つの薬剤でAβ産生に関わる2つの
>たんぱく質切断を抑えることにつながり、
>まさに一石二鳥の効果をもたらすことが
>できました。
 とのことです。
 
 今回の試みがうまくいくと良いのですが、
 
 期待しています。

|

« 虫歯の治療、歯型いらず 米3M子会社が歯冠販売 | トップページ | 本家NIHが示したアルツハイマー病対策【日経バイオテクONLINE Vol.1935】 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58382389

この記事へのトラックバック一覧です: 副作用のないアルツハイマー病治療に向けての新技術~アミロイドβたんぱく質産生の仕組みを利用~:

« 虫歯の治療、歯型いらず 米3M子会社が歯冠販売 | トップページ | 本家NIHが示したアルツハイマー病対策【日経バイオテクONLINE Vol.1935】 »