« 悪性がんに集まる「目印」発見…判別に新手法 | トップページ | 原発汚染水、太平洋を循環 気象研主任研究官・青山道夫氏に聞く »

2013年10月16日 (水)

がん細胞、分裂止める薬=実用化に期待-研究会と理研

2013/10/15 時事ドットコム
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がん細胞が分裂・増殖するのに不可欠な
遺伝子の働きを妨げる薬剤を開発したと、
がん研究会と理化学研究所の研究チームが
米がん専門誌オンコジーン電子版に発表
した。
 
 ヒトのがん細胞をマウスに移植し、
この薬剤を飲ませたところ、がん細胞だけ
分裂・増殖を抑えることができた。
 
 新たな抗がん剤になる可能性がある
という。
 
 がん研究会の八尾良司主任研究員らは、
この複製された染色体を引き離す
「微小管」を制御する遺伝子
「TACC3」に注目。
 
 この遺伝子の働きを妨げると、微小管の
配置が乱れ、細胞分裂が止まることが
分かった。
 
 6800種類の化合物の中から有力な
薬剤候補を探し出し、濃度が低くても
効くよう改良して薬剤「SPL」を開発
した。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 臨床の場で使える物になって欲しい。
 
 期待しています。

|

« 悪性がんに集まる「目印」発見…判別に新手法 | トップページ | 原発汚染水、太平洋を循環 気象研主任研究官・青山道夫氏に聞く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58396494

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞、分裂止める薬=実用化に期待-研究会と理研:

« 悪性がんに集まる「目印」発見…判別に新手法 | トップページ | 原発汚染水、太平洋を循環 気象研主任研究官・青山道夫氏に聞く »