« 仕事を光栄に…日本の技術者、ノーベル賞に貢献 | トップページ | 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 »

2013年10月10日 (木)

阪大、細胞の自己分解で病原菌撃退するオートファジー機構を解明

2013年10月09日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院生命機能研究科・
医学系研究科の吉森保教授らの
研究グループは、細胞内に侵入した
病原細菌が細胞の自己分解作用である
オートファジーによって殺される仕組み
を突きとめた。
 
 傷ついた細胞内小器官はがんや炎症の
原因となるため、こうした疾患予防に
役立つとみられる。
 
 成果は8日、米科学誌ジャーナル・
オブ・セルバイオロジー電子版に掲載
された。
 
 吉森教授らはサルモネラを含む多くの
病原細菌が細胞内小器官のエンドソーム
から出るためにその膜を傷つけると、
破れを察知したオートファジーの作用を
担う細胞膜、オートファゴソームが、
エンドソームごとサルモネラを
包み込んで分解することを見いだした。
 
 解析したところ、オートファゴソームは
傷ついたエンドソームしか標的にしない
ことと、傷ついたエンドソームに、
たんぱく質「ユビキチン」が結合して、
オートファゴソームの周囲に形成される
ことが分かった。
---------------------------------------
 
 身体の仕組み良く出来てますね。
 
 オートファジーは蛋白質の単なる
お掃除、リサイクル屋さんではない
ということですね。
 
 いろいろ解明されてますが、
知らなかっただけのことで、
昔から働いていたわけです。
 
 働き者です。
 
 関連投稿です。
2013年10月 7日
 
 大阪大学の研究成果リリースです。
2013年10月8日

|

« 仕事を光栄に…日本の技術者、ノーベル賞に貢献 | トップページ | 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58356270

この記事へのトラックバック一覧です: 阪大、細胞の自己分解で病原菌撃退するオートファジー機構を解明:

« 仕事を光栄に…日本の技術者、ノーベル賞に貢献 | トップページ | 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 »