« 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん | トップページ | 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ »

2013年10月 3日 (木)

(探究人)アキュセラ社最高経営責任者・窪田良さん 米で起業、目の難病に新薬

2013年10月3日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 年を取るにつれ、視野の中心が
見えにくくなるなどの症状が出て、
失明にもつながる「加齢黄斑変性」。
 
 患者数は世界で約1億2千万人と推定
され、日本でも増えている病気だ。
 
 だが、その90%を占める「萎縮型」
には治療法がない。
 
 慶応大医学部を卒業後、米国で研究
したのをきっかけに11年前に
シアトルで起業。
 
 萎縮型に効く飲み薬の開発を始めた。
 
 欧米で進行中の臨床試験は現在、
有効性や安全性を確認する最終段階に
ある。
 
 米食品医薬品局も「画期的な新薬だ」と
優先審査に指定、数年以内の発売を
目指している。
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。
 
 「加齢黄斑変性」は再生医療に脚光が
行っていますが、こういう挑戦も
あるんですね。
 
>「日本人発の技術が世界に役立つこと
>で、日本という国に貢献したい」
 
 健闘祈っています。
 
 残念ながら日本での起業は困難な
ようです。
 
 政治家達は何を毎年視察に行っている
のでしょう?
 何を学んで帰ってくるのでしょうか?
 
 国の違いはあるにしても、改善すべき
点は必ずあるはずなのに、
 残念です。
 

|

« 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん | トップページ | 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58312151

この記事へのトラックバック一覧です: (探究人)アキュセラ社最高経営責任者・窪田良さん 米で起業、目の難病に新薬:

« 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん | トップページ | 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ »