« iPSから大量の肝細胞 再生医療や薬開発に阪大 | トップページ | 知る権利どう保障 日本の秘密保護、線引きあいまい »

2013年10月 5日 (土)

細胞から組織・臓器へ 再生医療は様々なアプローチ

2013年10月3日 Science Channel
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 iPS細胞の登場以来、幹細胞の分化誘導
や培養方法の研究が活発ですが、一方で
以前からあった臓器そのものの再生を
目指す研究も進んでいます。
 
 今回は、組織工学と発生生物学という
まったく異なったアプローチでそれぞれ
臓器再生を目指す二つの研究を取材
しました。
---------------------------------------
 
 見ていただければすぐわかって頂ける
とおもいますのでコメントは控えます。
 
 発生生物学からのアプローチの方が
臨床に近そうですね。

|

« iPSから大量の肝細胞 再生医療や薬開発に阪大 | トップページ | 知る権利どう保障 日本の秘密保護、線引きあいまい »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58324206

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞から組織・臓器へ 再生医療は様々なアプローチ:

« iPSから大量の肝細胞 再生医療や薬開発に阪大 | トップページ | 知る権利どう保障 日本の秘密保護、線引きあいまい »