« 腸内細菌の脂肪酸代謝を解明 -腸内細菌と食事のバランスによる生活習慣病予防への新たな視点- | トップページ | 特定秘密保護法案について »

2013年10月18日 (金)

ヒトの皮膚から軟骨細胞 京大、iPS細胞経由せず

2013/10/17 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所の妻木範行
教授らはヒトの皮膚細胞から軟骨細胞を
作り出す技術を開発した。
 
 様々な細胞に変化できるiPS細胞を
経ず直接作ることで、作製時間を約半分
に短縮できた。
 
 病気やケガで損なわれた関節の軟骨
などを修復する再生医療の実現に役立つ。
 
 成果は米科学誌プロスワン(電子版)
に17日掲載された。
 
 皮膚細胞などからiPS細胞を経ない
で目的の細胞を直接作る
「ダイレクト・リプログラミング」という
手法を活用した。
 
 実験では、iPS細胞作製に使う2種類
の遺伝子と軟骨細胞の成長に必要な遺伝子
を用いた。
 
 これら計3種類の遺伝子を新生児の
皮膚細胞にウイルスを使って導入した
ところ、軟骨細胞の特徴を持つ細胞が
できた。
 
 これをマウスに移植すると軟骨組織
になることも確かめた。
 
 腫瘍はみられなかったという。
---------------------------------------
 
 
>ダイレクト・リプログラミング
 
 良さそうですね。
 
 ただ、作成効率も含めて期待できるもの
なのかな?
 
 様子見ですね。
 
 JSTからの共同発表リンクです。
平成25年10月17日
京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)
科学技術振興機構(JST)

|

« 腸内細菌の脂肪酸代謝を解明 -腸内細菌と食事のバランスによる生活習慣病予防への新たな視点- | トップページ | 特定秘密保護法案について »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58407486

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトの皮膚から軟骨細胞 京大、iPS細胞経由せず:

« 腸内細菌の脂肪酸代謝を解明 -腸内細菌と食事のバランスによる生活習慣病予防への新たな視点- | トップページ | 特定秘密保護法案について »