« 時間の測り方:リズムを感じる小脳ニューロンを発見 | トップページ | 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん »

2013年10月 2日 (水)

花粉症:明け方に症状悪化は「時計遺伝子」関与 山梨大

2013年09月30日 毎日jp
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)
らの研究グループは、花粉症やじんましん
などのアレルギー症状が夜や明け方に
重くなる仕組みを解明したと発表した。
 
 症状を起こす免疫細胞にある
「時計遺伝子」が関わっていることを
突き止めた。
 
 中尾教授は「遺伝子に働きかけて症状
を抑えるなど新たな治療薬の開発に
つながる」としている。
 
 9月23日付の米アレルギー臨床
免疫学会誌(電子版)に発表した。
 
 中尾教授らは今回、目や鼻の粘膜など
にあり、花粉など原因物質(アレルゲン)
に反応して症状を起こす免疫細胞
「マスト細胞」に着目。
 
 マスト細胞を含め、あらゆる細胞には
昼夜などで血圧や内臓機能などを調節する
「時計遺伝子」があり、この遺伝子が
関わっていると推測した。
 
 中尾教授によると、現在のアレルギー
治療薬はヒスタミンの作用を抑える
対症療法が中心で、薬が効かない患者も
いる。
 
 今回の研究成果を基に、時計遺伝子に
直接働きかけて症状を緩和する新たな
点鼻薬などを作れる可能性があるという。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 遺伝子解析が進んできましたので、
こういうこともわかってきたと、
 
>今回の研究成果を基に、時計遺伝子に
>直接働きかけて症状を緩和する
>新たな点鼻薬などを作れる可能性が
>あるという。
 
 ということですね。

|

« 時間の測り方:リズムを感じる小脳ニューロンを発見 | トップページ | 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58306260

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:明け方に症状悪化は「時計遺伝子」関与 山梨大:

« 時間の測り方:リズムを感じる小脳ニューロンを発見 | トップページ | 生活弱者の切り捨てに懸念 自立生活サポートセンター「もやい」理事長・稲葉剛さん »