« 超微粒子、母体→胎児の脳へ マウス実験、細胞に異常も | トップページ | マウスにおいてメタボリックシンドロームにおける新たな免疫細胞の役割を解明 »

2013年10月31日 (木)

消化管寄生虫に対する生体防御の新たな仕組みを解明

平成25年10月30日
東京医科歯科大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・世界で約20億人が消化管寄生虫に感染
 しているが、感染防御に有効なワクチン
 はない。
 
・「1度消化管寄生虫に感染すると、
 それ以降の感染では寄生虫を効率よく
 駆除できるようになる」という
 抵抗力獲得の仕組みを解明。
 
・消化管寄生虫感染症に対する
 効果的ワクチン開発への応用に期待。
 
 
-----
 JST課題達成型基礎研究の一環として、
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合
研究科 免疫アレルギー学分野の烏山 一
教授らの研究グループは、生体が消化管
寄生虫感染に対して抵抗力を獲得する
仕組みを調べ、2度目以降の感染では
白血球の一種である好塩基球が効率的
寄生虫排除に重要な役割を果たしている
ことを発見しました。
 
 いまだに世界人口の1/3近くが消化管
寄生虫に感染し、健康上の大きな問題と
なっており、有効なワクチン開発が
望まれています。
 
 本研究グループは、消化管寄生虫の
一種である鉤虫(こうちゅう)注1)の
幼虫が皮膚から体内に侵入して肺を経由
して消化管に到達して成虫になるという
特徴に注目しました。
 
 2度目の寄生虫感染では皮膚から侵入
した幼虫を好塩基球注2)が取り囲んで
皮膚内に封じ込めることで、感染を肺や
消化管まで拡大させない仕組みがあること
を明らかにしました。
 
 これは従来知られていた消化管からの
成虫排除とは異なる新たな生体防御
メカニズムです。
 
 本研究で発見された「消化管寄生虫に
対する抵抗力獲得の新たな仕組み」を
活用することで、効果的ワクチンの開発
をはじめとする消化管寄生虫感染症に
対する新たな治療法の開発が進むものと
期待されます。
 
 本研究は、東京慈恵会医科大学
熱帯医学・医動物学、東京医科歯科大学
国際環境寄生虫病学分野の協力を得て
行われ、本研究成果は、
2013年10月28日
(米国東部時間)に米国科学誌
「Journal of 
Experimental 
Medicine」のオンライン速報版
で公開されました。
---------------------------------------
 
 いつもながら身体の仕組みは良く出来て
いますね~
 
>2度目の寄生虫感染では皮膚から侵入
>した幼虫を好塩基球注2)が取り囲んで
>皮膚内に封じ込めることで、感染を肺や
>消化管まで拡大させない仕組みがある
>ことを明らかにしました。
 
 すごい仕組みだと思います。
 
 今回の発見が消化管寄生虫に対する
効果的なワクチンの開発に繋がると良い
ですね。

|

« 超微粒子、母体→胎児の脳へ マウス実験、細胞に異常も | トップページ | マウスにおいてメタボリックシンドロームにおける新たな免疫細胞の役割を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58487924

この記事へのトラックバック一覧です: 消化管寄生虫に対する生体防御の新たな仕組みを解明:

« 超微粒子、母体→胎児の脳へ マウス実験、細胞に異常も | トップページ | マウスにおいてメタボリックシンドロームにおける新たな免疫細胞の役割を解明 »