« 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ | トップページ | 新しい工業用X線非破壊検査法の提案 »

2013年10月 4日 (金)

薬の効果がもたらす遺伝子発現の変化を網羅的・定量的に捉える

2013年10月3日
独立行政法人理化学研究所
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・理研独自の「非増幅deepCAGE法」で
 薬剤作用のプロモーター活性を測定
 
・従来法では難しかった弱い薬剤作用を
 定量的に捉えることに成功
 
・未解析薬剤の標的タンパク質や
 作用機序の解析などに広く応用が
 可能
 
 
-----
要旨
 
 理化学研究所は、薬剤の作用を遺伝子
発現量の変化
(プロモーター活性[1]の変化)として
網羅的・定量的に捉えることに初めて
成功しました。
 
 これは、理研ライフサイエンス技術基盤
研究センター(渡辺恭良センター長)
機能性ゲノム解析部門
(ピエロ カルニンチ部門長)の鈴木治和
グループディレクターらと、理研社会知
創成事業予防医療・診断技術開発プログラム
(林崎良英プログラムディレクター)の
川路英哉コーディネーターらの共同研究
グループによる成果です。
 
 新薬開発において創薬候補物質が標的細胞
の遺伝子発現をどのように変化させるかを
捉えることは、薬理作用を解明するうえで
重要です。
 
 従来はこの目的のために
マイクロアレイ法[2]が広く用いられて
きましたが、検出感度が低く、測定できる
遺伝子の種類が限定されるなどの理由で、
十分な定量解析が行えませんでした。
 
 理研が開発した独自技法
「非増幅deepCAGE法[3]」は、細胞中の
mRNAを少量でも偏りなく網羅的に捉え、
遺伝子の転写開始点の直上流にある
プロモーター活性を測定できます。
 
 さらに、塩基配列を高速に解析できる
次世代シーケンサーを用いることで、
解析対象の細胞に存在する全mRNAの種類と
量が解析可能となります。
 
 共同研究グループは、非増幅deepCAGE法
を用いて、抗がん剤を投与する前と
投与した後のがん細胞のプロモーター活性
を解析しました。
 
 その結果、薬剤の作用により個々の
プロモーター活性が促進あるいは抑制
されたかを、定量的かつ感度良く捉え、
2次元上のグラフ
(プロモーター活性プロファイル)として
示すことができました。
 
 また、標的分子が異なる2種類の抗がん剤
によるプロモーター活性変動の相違は、
2つのプロファイルの比較で明瞭に観察
できました。
 
 さらに、2種類の抗がん剤の
プロモーター活性プロファイルを組み合わる
ことで、同じ情報伝達経路内の別の分子に
作用するもう1種類の抗がん剤の
プロモーター活性プロファイルを表せる
ことも分かりました。
 
 これは、既知の薬剤のプロモーター活性
プロファイルから、未知の薬剤の作用を
推定することが可能であることを示します。
 
 これらの結果は、非増幅deepCAGE法を
用いた遺伝子発現の定量解析が、既存の
薬剤の標的タンパク質や作用機序の解明
などに広く応用可能であり、新薬開発での
薬理学分野への貢献が期待できることを
示しています。
 
 本成果は、科学雑誌
『CPT Pharmacometrics and Systems
Pharmacology』
(9月25日付け:日本時間9月26日)に
掲載されました。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 これで遺伝子治療に関連するさらに
効果的な薬剤のスクリーニングが
出来るようになると思われます。
 
>従来法では難しかった弱い薬剤作用を
>定量的に捉えることに成功
 
 というのが素晴らしい。
 
 期待したい。

|

« 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ | トップページ | 新しい工業用X線非破壊検査法の提案 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58317894

この記事へのトラックバック一覧です: 薬の効果がもたらす遺伝子発現の変化を網羅的・定量的に捉える:

« 京大・弘前大、白血病の原因遺伝子特定 ダウン症に多いタイプ | トップページ | 新しい工業用X線非破壊検査法の提案 »