« 脳内ネットワークの過剰な活動が統合失調症の症状に関与 | トップページ | 光合成の中核をなす「歪んだ椅子」構造の謎をついに解明―触媒活性の要因特定で人工光合成系の実現に重要な一歩― »

2013年10月23日 (水)

「年1ミリシーベルトは長期目標」 IAEA除染調査、線量の基準周知を助言

2013年10月23日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 国際原子力機関(IAEA)の調査団が
21日にまとめた除染に関する報告書は、
年1~20ミリシーベルトの追加被曝線量
は国際基準で許容されるのに、住民の関心
は長期目標の年1ミリシーベルトの達成に
集中している現状を危惧する内容だった。
 
 日本政府に対して、除染の実際の活動と
住民の期待とのギャップを埋める努力が
必要だと指摘した。
 
 調査団は、報告書に盛り込んだ8項目の
助言のなかで、除染を行っている状況では
「年1~20ミリシーベルトは許容できる」
として、被曝線量の国際的な基準や
国際放射線防護委員会(ICRP)、
世界保健機関(WHO)などの国際組織の
同意に沿っていることを国民に広く
知らせるべきだと指摘。
 
 長期的な目標として政府が掲げる
年1ミリシーベルト以下の被曝線量は、
除染だけで短期間に達成できないと住民に
説明する努力をすべきだと求めた。
 
 調査団のフアン・カルロス・レンティッホ
団長は21日の記者会見で、
「(年1~20ミリシーベルトの)基準の
範囲内であれば、除染にともなって得られる
利益と負担のバランスを考慮して目標の
最適化をすすめればよい」と話した。
 
 福島第一原発事故後、国は避難の基準を
年20ミリシーベルトとした。
 
 現在の国の除染計画は
年20ミリシーベルト以下にすることを
目指し、長期的には
「年1ミリシーベルト以下」に抑えること
を目標にしている。
 
 しかし、住民の間で年20ミリシーベルト
はあまり意識されず、年1ミリシーベルトに
関心が集中しているのが現状だ
---------------------------------------
 
 IAEAの言っていることはなんとなく
わかりますが、
 
 安全基準があまりにあいまいなので
 住民の感覚は当然だと思います。
 
 年1ミリシーベルト以下の意味は、
「一生涯に受ける外部自然放射線量を
最悪でも100ミリシーベルト以下を
保障すれば影響は無視できる」=安全
いうことだと解釈しています。
 
>除染を行っている状況では年1~20
>ミリシーベルトの追加被曝線量は
>国際基準で許容される
 
 と言われても、除染期間は不透明。
 実際予定通りになど出来ていない。
 
 まして一生涯レベルで保障してくれる
のかどうかわかりません。
 
 20mSvであれば5年で到達するのです。
 もう2年以上が経ってしまった。
 
 いつまでにどのレベルまで低減する
から生涯レベルで保障できます。
という低減計画を示して貰わないと
信用などできない。
 
 となりませんか?
 
 一方「放射線管理区域」の基準では、
管理区域の設置基準[編集]
・外部放射線による実効線量と空気中の
 放射性物質による実効線量との合計が
 3月間につき1.3mSvを超えるおそれの
 ある区域
 
 ということになっています。
 
 ということは約0.6μSv/時間ということ
になります。
 
 これは年約5mSvということになります。
 
 年約5mSvを越えるような所は
「放射線管理区域」として特別に管理
しなくてはいけない所ということに
なりますが、
 
 このことと年20mSvでも国際基準では
許容されるということとの整合性は
どうなのでしょう?
 
 あまりに隔たりがあると思えて
なりません。
 
 除染を行っている状況というのは
いったいどの程度の期間を想定して
いるのでしょうか?

|

« 脳内ネットワークの過剰な活動が統合失調症の症状に関与 | トップページ | 光合成の中核をなす「歪んだ椅子」構造の謎をついに解明―触媒活性の要因特定で人工光合成系の実現に重要な一歩― »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58439815

この記事へのトラックバック一覧です: 「年1ミリシーベルトは長期目標」 IAEA除染調査、線量の基準周知を助言:

« 脳内ネットワークの過剰な活動が統合失調症の症状に関与 | トップページ | 光合成の中核をなす「歪んだ椅子」構造の謎をついに解明―触媒活性の要因特定で人工光合成系の実現に重要な一歩― »