« アルツハイマー病発症メカニズムに細胞の自食が関与 | トップページ | 細胞の運命を左右する新しい分子メカニズムの一端を解明 »

2013年10月 7日 (月)

(限界にっぽん)第5部・アベノミクスと雇用:2 「なぜ突然値上げするのか」

2013年10月7日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
■「介護を成長産業に」の陰で入居者、
条件変更に困惑
 
 投資ファンドの
ジェイ・ウィル・パートナーズ(東京)が
売却交渉を進めている「生活科学運営」
の有料老人ホーム「ライフハウス友だち村」
で、管理費の値上げをめぐって入居者と
運営者の激しい対立が起きている。
 
 入居者は弁護士を通じて値上げ撤回を
求めたが、対立は深まるばかり。
 
 決着をあきらめて4人が退去し、
混乱が続く。
 
 
-----
■運営転々、サービス低下
 
 「(運営方針は)『ワタミの介護』の
設定にさせていただく。
 
 私どもでダメならば、撤退します」
 
 神奈川県内の有料老人ホーム
「ネクステージあざみ野
(現レストヴィラあざみ野)」。
 
 施設の運営を従来の会社から引き継ぐ
ことになった「ワタミの介護」が
2007年5月、入居者の家族らを集めた
会議で、清水邦晃社長が運営方針の変更を
迫った。
 
 「ツカツカと入ってきて椅子にも座らず、
書類を机にドンと置いて。あれじゃ脅し」。
 
 当時90歳を超えていた母親を施設に
入れていた女性(71)は振り返る。
 
 「運営会社が変わるのはワタミで4社目。
 ワタミは大手だから
『もう倒産はないよね』と期待して
いました。
 
 でもここまでひどいことになるとは」
と元家族会の一人は言う。
 
 最初の買収で米国の不動産ファンドが
経営権を握ったときに、医師の常駐が
なくなり看護師だけに。
 
 それでも不安だったのに、ワタミは
看護師の常駐まで廃止するという。
 
 家族会は神奈川県に指導を要請し、
何とかワタミに看護師の常駐を認めさせ
たが、その他は「ワタミ流」をのまざる
を得なかった。
 
 介護体制も、スタッフ1人に対して
入居者2人の体制が2・5人に変わった。
 
 「責任をもって介護ができない」と、
なじみのベテラン職員たちが辞めて
いった。
 
 そんな中、08年に母親が肺炎で亡く
なった。
 
 
-----
■一方的に退去迫られ
 
 「介護を成長産業に」の陰で、入居者が
苦しんでいる例はこれだけではない。
 
 入居が長く、一時金の取り崩し(償却)
が終わりかけ「もうからない客」になった
「償却切れ老人」が、退去を迫られる例も
ある。
 
 「もう入ってもらう部屋はない。
 
 受け入れは無理です」。
 
 受話器の向こうで施設長の乾いた声が
響いた。
 
 父親(当時77)が入居していた50代
の女性は一方的に通告され、途方に暮れた。
 
 「日本ケアリンク」(東京)が運営する
老人ホーム「せらび新横浜」に入っていた
父親は昨年6月、外出先で転んで入院。
 
 四肢まひが残り、医師から要介護度が
「1」から「5」になる見通しを
知らされた。
 
 退院が決まり、施設に「戻ります」と
連絡した際の、思いもよらぬ返事だった。
 
 「父のような入居者はなるべく
追い出して、新しい入居者を入れたかった
のだと思う」。
 
 いまも女性はそう疑っている。
 
 入居時に納めた一時金1440万円は、
すでに3年半が過ぎて償却が進み、
約300万円を残すだけだった。
 
 「あと1年半、つまり入居して5年が
たてば、家賃は入らなくなる。
 
 施設にとっては『資産価値』が
なくなったんでしょう」
 
 この問題を調べた神奈川県国保連も
「施設側が介護サービス提供を拒否できる
正当な理由はない」と断じた。
 
 介護トラブルを扱う法律事務所
「おかげさま」代表の外岡潤弁護士は
「入所の際の契約書に、医療行為は
できないとする条項を入れて、それを
大義名分にして追い出しを迫る実態も
ある。
 
 契約時に細かく確認することが必要だ」
と話す。(横枕嘉泰、松田史朗)
---------------------------------------
 
 酷い話ではないでしょうか?
 
 いくら介護施設であろうと赤字では
やっていけないのは理解できる。
 けれども施設として守らなければ
ならない最低限のラインがあるはず。
 
 一時金を1440万円も支払い続けて
いる弱い立場の老人の再入居を断ると
言うことはしてはならないこと。
 
 入居させたら老人ホームはやって
行けないのでしょうか?
 
 私にはあまりに理不尽な仕打ちだと
思えてならない。
 
 介護施設として守るべき最低限のことは
法律で規定すべきなのではないでしょうか?
 
 なんでも「企業の自由」はおかしい。
 
 ワタミのやり方にもがっかりしました。
 最低限のラインを踏み越えている。
 利益のことのみしか頭にないやり方。
 
 「介護を成長産業に」?
 疑問を感じます。
 
 たしかに介護を必要とする人は増える
でしょう。
 
 でも、こんなことが行われるようでは
将来は非常に暗い。
 
 弱い立場の国民を守るのが政治家の
役目ではないのでしょうか?
 
 極めて残念な状況です。
 
 政治家は何を見ているのでしょうか?

|

« アルツハイマー病発症メカニズムに細胞の自食が関与 | トップページ | 細胞の運命を左右する新しい分子メカニズムの一端を解明 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58338216

この記事へのトラックバック一覧です: (限界にっぽん)第5部・アベノミクスと雇用:2 「なぜ突然値上げするのか」:

« アルツハイマー病発症メカニズムに細胞の自食が関与 | トップページ | 細胞の運命を左右する新しい分子メカニズムの一端を解明 »