« モルフォリノ人工核酸が再生筋線維に高率に取り込まれることを発見し、同核酸を用いたエクソン・スキップをメロシン欠損型先天性筋ジストロフィーマウスに治療応用することに成功 | トップページ | 獲得免疫の起源を探る »

2013年10月13日 (日)

DNAを有害な放射線から守る新しい仕組み

2013/10/10 国立遺伝学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 放射線は生物にとって大きな脅威。
 
 放射線にさらされると細胞内のDNAが切断
され、遺伝子が正しく機能しなくなったり、
がん化や細胞死が引き起こされたりするから
です。
 
 しかし、自然界にはもともと自然放射線
が存在しています。
 
 本研究では、生物が放射線からDNAを
守る新たな仕組みを突き止めました。
 
 それは、DNAが密に集まる、ということ
でした。
 
 DNAは特殊な構造をした長い線維で、
細胞の核の中に折りたたまれています。
 
 そうしたDNAが、密に集まって存在
(凝縮)するか、散らばって存在するかが、
放射線による損傷の程度に大きく影響して
いたのです。
 
 DNAの凝縮と放射線耐性の関係を、
定量的に測定し、
さらにコンピュータシミュレーションを
行うことで、放射線がDNAを切断する
メカニズムも詳しく明らかにすることが
できました。
 
 その結果、自然界から浴びる放射線を、
生物は細胞中のゲノムDNAを凝縮させる
ことで、日々防御しようとしていることが
わかりました。
 
 生物がDNAを放射線から守ろうとする
新たな仕組みを明らかにした
今回の研究成果は、がん治療など
医療応用の面でも、重要な基礎知識を提供
するものです。
 
 生物にとって有害な放射線ですが、
がん治療においては、がん細胞を死滅
させるために有効に利用されています。
 
 今回の成果から、DNAの凝縮を弱める薬
を使えば、放射線治療、重粒子線治療、
化学療法の飛躍的な効率向上が期待
できます。
 
 
---------------------------------------
 
>自然界から浴びる放射線を、生物は
>細胞中のゲノムDNAを凝縮させることで、
>日々防御しようとしていることが
>わかりました。
 
 ちょっと以外です。
 
>細胞の間期の核における凝縮状態では、
>凝縮していない状態に比べて 16倍もの
>放射線耐性を得ることができました。
 
>細胞の分裂期のきわめて高度に凝縮した
>状態のクロマチンでは、
>凝縮していない状態に比べて 50倍もの
>放射線耐性を得ることができました。
 
 ずいぶん違うものですね。
 
 この事実は、
>生物にとって有害な放射線ですが、
>がん治療においては、がん細胞を死滅
>させるために有効に利用されています。
>今回の成果から、DNAの凝縮を弱める薬
>を使えば、放射線治療、重粒子線治療、
>化学療法の飛躍的な効率向上が期待
>できます。
 
 思わぬ結果ですね。期待したい。

|

« モルフォリノ人工核酸が再生筋線維に高率に取り込まれることを発見し、同核酸を用いたエクソン・スキップをメロシン欠損型先天性筋ジストロフィーマウスに治療応用することに成功 | トップページ | 獲得免疫の起源を探る »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58375503

この記事へのトラックバック一覧です: DNAを有害な放射線から守る新しい仕組み:

« モルフォリノ人工核酸が再生筋線維に高率に取り込まれることを発見し、同核酸を用いたエクソン・スキップをメロシン欠損型先天性筋ジストロフィーマウスに治療応用することに成功 | トップページ | 獲得免疫の起源を探る »