« 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 | トップページ | 東大、がん治療の標的遺伝子スピード特定 治療薬開発効率化 »

2013年10月11日 (金)

世界最小0201サイズ (0.25 x 0.125mm) の極小電子部品

2013年10月07日 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 村田製作所は、世界最小0201サイズ
(0.25×0.125mm) のチップフェライト
ビーズを開発しました。
 
 チップフェライトビーズは、
スマートフォンをはじめとする
小型モバイル機器に搭載されている
電子部品で、電子機器から発生するノイズ
を除去して誤動作を防止するのに
役立ちます。
 
 また、昨年には同じ0201サイズの
積層セラミックコンデンサと
チップインダクタを開発しています。
 
 現在、これらの実装が可能となり、
今年度中のサンプル提供開始に向けて
量産化技術の開発が進められています。
---------------------------------------
 
 すごいですね。
 
 ますます小さくなる。
 世界最小0201サイズ (0.25×0.125mm)
だそうです。
 
実装する自動化システムの方が
追いつかないかも?
 
 そうでもないかな?
 
 最近のスマートフォンも、ノートPCも
薄くて実装部品はどうなっているのか?
と思ってました。

|

« 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 | トップページ | 東大、がん治療の標的遺伝子スピード特定 治療薬開発効率化 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58362595

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最小0201サイズ (0.25 x 0.125mm) の極小電子部品:

« 秘密指定の検証、報道専門家らも 文書管理や安保など数人 | トップページ | 東大、がん治療の標的遺伝子スピード特定 治療薬開発効率化 »