« 関節リウマチから新たなヘルパーT細胞を同定 -慢性炎症のメカニズム解明に期待- | トップページ | 脳卒中患者のための「足首アシスト歩行装置」 »

2013年9月28日 (土)

ネットバンキング不正送金、被害総額5.5億円

2013年9月26日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 【吉田伸八】インターネットバンキング
の口座から預金が不正に送金される被害が
止まらない。
 
 警察庁のまとめでは、今年の被害は
20日までに615件、被害額は
計約5億5千万円にのぼっている。
 
 送金手続きの際に1回限りで使う
「ワンタイムパスワード」を盗み取る手口
の広がりなどが原因とみられ、警察庁は
利用者に対策を呼びかけている。
---------------------------------------
 
 いやになりますね。
 不正を働く人達のレベルに対策が
追いついていない。
 
 記事が正しいとすれば、対策側も、
せっかく「ワンタイムパスワード」を
導入しておきながら、本当の意味で
ワンタイムになっていないのでは?
 
 送金の為に本人が一回限りのつもりで
使っているパスワードの有効期限が
一回限りとなっていないということに
なる。
 
 これは仕組みとしておかしいと思う。
 是非早急に改善してください。
 
 本来の意味でワンタイムなら本人の
使用一回限りになるはずだと思うの
だが、

|

« 関節リウマチから新たなヘルパーT細胞を同定 -慢性炎症のメカニズム解明に期待- | トップページ | 脳卒中患者のための「足首アシスト歩行装置」 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58280420

この記事へのトラックバック一覧です: ネットバンキング不正送金、被害総額5.5億円:

« 関節リウマチから新たなヘルパーT細胞を同定 -慢性炎症のメカニズム解明に期待- | トップページ | 脳卒中患者のための「足首アシスト歩行装置」 »