« 血中コレステロールを低下させ動脈硬化や高脂血症の予防作用を持つ"キトサン"を 捕らえるタンパク質を発見、世界で初めてその仕組みを解明! | トップページ | 脳卒中検査、10分に短縮 国立循環器病研究センター »

2013年9月 6日 (金)

アルツハイマー病などの脳の病態を解明 ―「次世代PET診断システム」を確立―

2013年9月5日
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立大学法人 浜松医科大学
浜松ホトニクス株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOの「基礎研究から臨床研究への
橋渡し促進技術開発」で、
浜松ホトニクス株式会社及び浜松医科大学
の研究開発チームは、アルツハイマー病※1
等の患者の脳の病態を解明し、的確な治療
に繋げる、次世代PET※2診断システムの
確立に成功しました。
 
 高齢化社会の到来に伴い、認知症、
アルツハイマー病、躁うつ病等の
精神性疾患の増加は大きな問題となって
おり、その病態の解明は急務となって
います。
 
 しかし現状の診断システムでは、患者
が長時間静止している必要がある等、
重度患者ほど正しい測定が困難であり、
病態の進行が重度の脳の変化は未知の
領域でした。
 
 そこで、脳内の認知機能等の変化を反映
するイメージング薬剤と、患者の頭部の
動きを補正することで高精度計測を可能
とする頭部用診断装置を世界で初めて開発。
 
 これらを組み合わせることにより、脳の
状態を詳細に把握するだけでなく、適切な
治療薬の選択が可能となり、今後の治療や
薬剤開発に貢献することが期待されます。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 詳細は「2.成果概要」以降を見てください。
 
 だいぶ先のことになるのかも
知れませんが、
 
>将来的な発展として、本イメージング
>薬剤を、認知症治療薬の候補化合物との
>脳内相互作用を非侵襲的に評価できる
>「創薬支援ツールとしてのPETプローブ」
>として用いることが可能です。
 
>これが実現すれば、有効な治療薬の
>開発スピードが一層速まり、
>高齢者認知症の治療に大きく貢献する
>ことが期待されます。
 
 期待したい。

|

« 血中コレステロールを低下させ動脈硬化や高脂血症の予防作用を持つ"キトサン"を 捕らえるタンパク質を発見、世界で初めてその仕組みを解明! | トップページ | 脳卒中検査、10分に短縮 国立循環器病研究センター »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58138523

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病などの脳の病態を解明 ―「次世代PET診断システム」を確立―:

« 血中コレステロールを低下させ動脈硬化や高脂血症の予防作用を持つ"キトサン"を 捕らえるタンパク質を発見、世界で初めてその仕組みを解明! | トップページ | 脳卒中検査、10分に短縮 国立循環器病研究センター »