« 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか | トップページ | 遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害 »

2013年8月 1日 (木)

微生物を利用して希少金属レアメタルを回収 ~環境汚染問題の解決からリサイクルまで~

2013年06月22日 shibaura online
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 山下光雄教授(応用化学科)は、微生物
を用いて工業廃水に含まれるレアメタルを
回収する技術を開発し、環境汚染問題に
対応すると同時に、回収したレアメタルを
資源としてリサイクルすることを可能に
した。
 
 山下教授は、水に溶けている毒性の
セレン酸や亜セレン酸を、無毒のセレンに
還元することのできる微生物
Pseudomonas stutzeri NT-I株を自然界から
発見。
 
 この微生物を、セレンを含む工業廃水中
で培養、固液分離、濃縮することで、
固体のセレンとして回収できる。
 
 また、テルルや自動車のモーターの
永久磁石などに使用されるネオジム、
ジスプロシウムなども同様の方法で
回収実験に成功して特許を出願しており、
現在、産業への利用を検討している。
 
 山下教授は「今後は回収できる元素を
広げていき、低コストで環境にやさしい
循環型社会の形成をめざしたい」と
話している。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 微生物いろいろいるんですね。
 
 関連投稿です。
2013年5月13日
 
 こちらは 森下仁丹ですから、
違いますね。

|

« 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか | トップページ | 遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57906362

この記事へのトラックバック一覧です: 微生物を利用して希少金属レアメタルを回収 ~環境汚染問題の解決からリサイクルまで~:

« 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか | トップページ | 遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害 »