« 腫瘍を狙い撃ちにするT細胞をシャーレの中で作る | トップページ | ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 »

2013年8月18日 (日)

iPS細胞で膝関節再生 世界初、東大がブタで成功

2013.8.16 msn 産経ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を
使ってブタの膝関節を再生する実験に
東京大医学部付属病院の研究チームが
世界で初めて成功したことが15日、
分かった。
 
 膝関節の軟骨がすり減る
「変形性膝関節症」の治療への応用が
期待される。
 
 京都大iPS細胞研究所と連携し、
15年後の実用化を目指す。
 
 実験に成功したのは東大病院の星和人
特任准教授(軟骨再生医療)と
高戸毅教授(外科学)らのチーム。
 
 実験では、生後約6カ月のブタ数匹の
右後ろ足の膝関節を約4分の1切除。
 
 ブタやヒトの皮膚などから作製した
iPS細胞に、細胞の修復機能を早める
働きがある特殊なコラーゲンや、
実際の骨の成分と類似した
「ベータ型リン酸三カルシウム」などを
混ぜて切除部分に移植すると、
1~2カ月後に膝関節を構成する軟骨と
骨が再生した。
 
 腫瘍などの副作用はなく安全性も確認
された。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 期待したい。
 
 ただ、
>15年後の実用化を目指す。
 とはずいぶん先の話。
 
 もっと早くならないものでしょうか?

|

« 腫瘍を狙い撃ちにするT細胞をシャーレの中で作る | トップページ | ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58016218

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞で膝関節再生 世界初、東大がブタで成功:

» シミができる原因 [シミ あきらめないで!!!]
シミのない肌にしたい人必見 顔のシミは消すことができないとあきらめていませんか? 根気よく毎日のお手入れで、少しずつシミを薄くすることは可能です。 シミ改善に効果的なケアでシミのない美肌になりましょう。 [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 21時01分

« 腫瘍を狙い撃ちにするT細胞をシャーレの中で作る | トップページ | ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 »