« まるで自分の骨 京大、3Dプリンターで治療法開発 | トップページ | 星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の"速度計測"に成功 »

2013年8月12日 (月)

日本臓器製薬株式会社が東北大学等と共同研究

2013年08月10日 qlifepro
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 日本臓器製薬株式会社と東北大学、
株式会社Clioは、再生医療に関する
共同研究を行うと発表した。
 
 今回研究する対象は、株式会社Clioが
独占的な実施権を持っているMuse細胞
である。
 
 Muse細胞は、体内の間葉系組織に存在
しており、あらゆる細胞に分けることが
出来る多能性の幹細胞。
 
 注目された点は、傷害を受けた細胞や
組織を修復する働きについてだ。
 
 この細胞は2010年に東北大学大学院
医学系研究科の出澤真理教授らの
グループによって発見された。
 
 また今年の1月に、日本国内でMuse細胞
の特許が成立。
 
 具体的にどういったことに活用されて
いくのかというと、骨髄移植である。
 
 骨髄移植は、白血病の治療などで広く
行われている。
 
 またそれだけでなく、脂肪や臍帯血など
から分離した間葉系幹細胞を使って、
脊髄の損傷やパーキンソン病、糖尿病など
で使われ、世界中で臨床試験が行われて
いる。
---------------------------------------
 
 Muse細胞、iPS細胞の陰に隠れた形に
なって、その後どうなったのかな?
 と思っていましたが、
 
>世界中で臨床試験が行われている。
 とのこと、期待しましょう。
 
 選択肢は沢山ある方が良いと思います。

|

« まるで自分の骨 京大、3Dプリンターで治療法開発 | トップページ | 星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の"速度計測"に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57976776

この記事へのトラックバック一覧です: 日本臓器製薬株式会社が東北大学等と共同研究:

« まるで自分の骨 京大、3Dプリンターで治療法開発 | トップページ | 星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の"速度計測"に成功 »