« 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 | トップページ | シャペロンが B12酵素のラジカル状態を維持する »

2013年8月 5日 (月)

多能性幹細胞から遺伝子を用いて生殖細胞を誘導することに成功

2013年8月5日 京都大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 斎藤通紀 医学研究科教授
(科学技術振興機構 ERATO研究総括、
物質-細胞統合システム拠点
(iCeMS=アイセムス)主任研究者、
iPS細胞研究所研究員)と中木文雄
同博士課程学生らの研究グループは、
多能性幹細胞であるマウスES細胞から、
3種類の遺伝子(転写因子)を用いて
始原生殖細胞を誘導する培養系を開発
しました。
 
 また、この培養系で得られた
始原生殖細胞から精子を作製し、子供を
産み出すことにも成功しました。
 
 本研究成果は、2013年8月4日18時
(ロンドン時間)に英国科学誌
「Nature」のオンライン速報版で公開
されました。
 
 
概要
 これまで本研究グループは、マウス
ES細胞やマウスiPS細胞から始原生殖細胞
をサイトカインにより誘導し、
さらに精子、卵子を作製することに成功
していましたが、精子、卵子の元となる
始原生殖細胞を直接誘導する遺伝子は
特定されていませんでした。
 
 本研究グループは今回、ES細胞を分化
させたエピブラスト様細胞(EpiLCs)に、
Blimp1、Prdm14、Tfap2cの3種類の遺伝子
(転写因子)を発現させることにより、
始原生殖細胞様の細胞を得ることに成功
しました。
 
 この細胞を不妊の雄マウスの精巣に
移植したところ、正常な精子形成が確認
されました。
 
 さらに、この精子を正常な卵子と
体外受精させたところ、健常なマウスが
得られました。
 
 これらのマウスは正常に成長し、子供を
作る能力があることも分かりました。
 
 この研究により、生殖細胞の形成過程の
解明に向けて大きく前進することが期待
されます。
 
 また、この成果は世界で初めて生殖細胞
が特定の遺伝子で誘導されうることを
示したものであり、マウスのみならず、
ヒトを始めとした他の動物種でも同様の
アプローチがなされうるものと期待
されます。
---------------------------------------
 
 すごいことですね。
 
>本成果は、生殖細胞発生過程の
>メカニズム解明に向け、大きな前進と
>いえるものです。
 
>生殖細胞はその数の少なさから、
>発生過程のメカニズムには不明な点が
>多く残されていました。
 
 これでかなり解析が進むと思われます。
 
 研究はどんどん進みます。
 倫理的な課題、基準作りが急がれますね。

|

« 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 | トップページ | シャペロンが B12酵素のラジカル状態を維持する »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57932473

この記事へのトラックバック一覧です: 多能性幹細胞から遺伝子を用いて生殖細胞を誘導することに成功:

« 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 | トップページ | シャペロンが B12酵素のラジカル状態を維持する »