« 超伝導体の物質設計に道を開く新たな理論計算手法の開発 | トップページ | 脱髄(だつずい)を進行させる糖鎖を発見 »

2013年8月 2日 (金)

医療:プラズマ技術応用研究 名大がセンター新設

2013年08月01日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 名古屋大学は1日、プラズマ技術の
医療分野への応用を戦略的に研究する
「プラズマ医療科学国際イノベーション
センター」を新設する。
 
 プラズマ技術は、産業分野で大規模
集積回路の加工などに欠かせず、最近では
医療分野への応用も進んでいる。
 
 専門の研究拠点としては国内初という。
 
 堀教授によると、実験レベルでプラズマ
を使ったがんや皮膚疾患の治療、
病原菌殺菌などの効果が確認されている。
 
 今後、ヒトへの臨床応用が期待され、
堀教授は「手術、薬、放射線に加えて
第4の治療として位置付けられることを
ビジョンとする」と話している。
---------------------------------------
 
 新しい挑戦です。
 積極的に挑んで欲しい。
 
 第4の治療として位置付けられるところ
まで行ければ素晴らしい。
 
 期待したい。

|

« 超伝導体の物質設計に道を開く新たな理論計算手法の開発 | トップページ | 脱髄(だつずい)を進行させる糖鎖を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57911557

この記事へのトラックバック一覧です: 医療:プラズマ技術応用研究 名大がセンター新設:

« 超伝導体の物質設計に道を開く新たな理論計算手法の開発 | トップページ | 脱髄(だつずい)を進行させる糖鎖を発見 »