« ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 | トップページ | 位相差クライオ電子顕微鏡で酵素タンパク質ダイサーと小分子RNAの結合をくっきり観察することに成功! »

2013年8月19日 (月)

ウサギ使わない安全検査 農業生物資源研など開発

2013年8月19日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 化粧品などに含まれる化学物質が
目に入った際の安全性を調べる
新たな検査手法を、農業生物資源研究所
(茨城県つくば市)などの研究チームが
開発した。
 
 コラーゲン製の薄膜の上に人の
角膜上皮細胞の培養細胞を重ねた
厚さ約0.07ミリのシートに、
化学物質を含む液をたらし、有害性を
判定する。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
>経済協力開発機構(OECD)が定める
>試験法の一つとしての登録を目指して
>いる。
 とのこと。
 
 生きたウサギの目に薬品をたらす検査
なんていうのはやりたくない方法です。
 

|

« ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 | トップページ | 位相差クライオ電子顕微鏡で酵素タンパク質ダイサーと小分子RNAの結合をくっきり観察することに成功! »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58022417

この記事へのトラックバック一覧です: ウサギ使わない安全検査 農業生物資源研など開発:

« ヒトゲノム上に遺伝子重複砂漠を発見 | トップページ | 位相差クライオ電子顕微鏡で酵素タンパク質ダイサーと小分子RNAの結合をくっきり観察することに成功! »