« (社説)原子力機構 もんじゅ推進は愚かだ | トップページ | セルシード、先進医療の申請支援-細胞シート早期実用化促す »

2013年8月26日 (月)

「リストラは麻薬」悔いる声 常習化で会社の競争力失う

2013年8月26日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 三洋をよみがえらせることができる
と信じて、「汚れ役」を演じたつもり
だった。
 
 だが、いまはこう思う。
 
 「リストラは麻薬だった。
 
 一時的には人件費などの固定費が減り、
業績は上がる。
 
 でも同時に優秀な人材ほど見切りを
つけて流出した。
 
 残った人も勤労意欲がうせ、開発の芽が
摘まれた。
 
 企業の成長力がそがれて業績はさらに
悪化し、またリストラに頼る。
 
 常習性が出て来るんですよ」
---------------------------------------
 
 もっともな話しだと思う。
 リストラは安易にしてはいけない。
 
 私も、優秀な人材は見切りをつける
と思う。
 
 開発の目を積むことになるかも
しれないことに目を向けるべきでは
ないだろうか?
 
 安易なリストラはあってはならない。
 
 こう言う記事もある。
2013年8月26日 朝日新聞デジタル
 
 取材を受けた人がこう言っています。
>「最近は、派遣でもいいから、いい加減
>そろそろ再就職先を決めたらどうだ
>という感じ。
>『全力で支援』なんてうそだ」
 
 まさにその通りではないだろうか?
 
 再就職支援の名の下に安易な人切り、
おかしなビジネスが横行していない
だろうか?
 
 おかしくないですか?

|

« (社説)原子力機構 もんじゅ推進は愚かだ | トップページ | セルシード、先進医療の申請支援-細胞シート早期実用化促す »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/58068533

この記事へのトラックバック一覧です: 「リストラは麻薬」悔いる声 常習化で会社の競争力失う:

« (社説)原子力機構 もんじゅ推進は愚かだ | トップページ | セルシード、先進医療の申請支援-細胞シート早期実用化促す »