« ダイヤモンドよりも強い原子間結合力を持つ物質 | トップページ | 長崎大学医歯薬学総合研究科口腔保健学分野と地域医療学分野のグループが歯周病と動脈硬化との関連についての研究成果を発表 »

2013年8月14日 (水)

(ひと)中村里美さん 被爆者をモデルに映画「アオギリにたくして」を制作

(ひと)中村里美さん
被爆者をモデルに
映画「アオギリにたくして」を制作
2013年8月14日
朝日新聞デジタル ひと欄より
 
---------------------------------------
 「身を滅ぼす」と周囲から猛反対された。
 それでも5千万円借金して、未知の映画
の世界に総括プロデューサーとして
飛び込んだ。
 
 映画のモデルで、一昨年に亡くなった
沼田鈴子さんとは四半世紀のつきあい
だった。
 
 米国で1年間、被爆者の体験などを
学校で話すボランティア募集の記事が
目に入った。
 
 平和問題に興味はなかったが、
自分を鍛えようと応募、渡米前に沼田さん
に会った。
 
 以来、被爆して足を切断したが
芽吹くアオギリを見て生きる力を
もらった、
と体験を語り続けた沼田さんを
機会あるごとに訪ねた。
 
 「死ぬのは簡単だけど、生きて伝え
なきゃ」と言った生前の彼女の言葉に
背中を押されている。
 
 最近は歌手として活動していた。
 
 慣れない映画撮影の現場は、監督の
交代や撮り直しなどトラブルの連続。
 
 体調を崩した。
 
 「何があっても映画を完成させて」
という遺書を携え、撮影を続けた。
 
 「被爆者からじかに話を聞かせて
もらった者として、自分のできる限りを
尽くして伝えていきたい」
 
 東京生まれの女子校育ち。
 
 20歳のころは1人でマクドナルド
にも入れない箱入り娘だった。
 
 それがいまや怖いもの知らずだ。
 
 「人はきっかけがあれば変われる。
 生きるって素晴らしい」。
 
 それは、映画に込めたメッセージでも
ある。
---------------------------------------
 
 偉い。尊敬します。
 
 一歩を踏み出すには勇気がいる。
 
>「人はきっかけがあれば変われる。
>生きるって素晴らしい」。
 
 そうですね。「一歩前へ」。

|

« ダイヤモンドよりも強い原子間結合力を持つ物質 | トップページ | 長崎大学医歯薬学総合研究科口腔保健学分野と地域医療学分野のグループが歯周病と動脈硬化との関連についての研究成果を発表 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57990713

この記事へのトラックバック一覧です: (ひと)中村里美さん 被爆者をモデルに映画「アオギリにたくして」を制作:

« ダイヤモンドよりも強い原子間結合力を持つ物質 | トップページ | 長崎大学医歯薬学総合研究科口腔保健学分野と地域医療学分野のグループが歯周病と動脈硬化との関連についての研究成果を発表 »